PAGE...|
壮麗な空間が広がるエントランスホールは、迎賓の間と呼ぶにふさわしい。
人生の第二ステージを
謳歌する
ザ・レジデンス芦屋スイート
Text Ichiko Minatoya
一流ホテルの快適さと、自宅ならではの気楽さ、各分野のプロのサポートが受けられる安心。年齢を重ねたからこそめいっぱい人生を楽しみたい、そんな理想をこの住まいが実現する。
“アーリーリタイアメント"、海外の福祉先進国では既にスタンダードになりつつある「早めの引っ越し」は、年齢を重ねてからの人生を、いかに快適に、安心して楽しむかを考える、非常に重要なキーワードだ。
 終の棲家 =自分が生まれ育った家、あるいは自分が建てた家がベスト、とは限らない。医療や食事、生活支援などの、快適で安心な暮らしのためのバックアップ体制が整った、居心地の良い新しい“我が家"に引っ越して、自分らしい暮らしを満喫する。そのための選択肢に「ザ・レジデンス芦屋スイート」がある。
 所有権方式の分譲マンションは、利用権方式の有料老人ホームとは異なり、持ち家と同じく相続・売却はもちろん、賃貸として人に貸すこともできる。そうした資産価値に加え、体調に合わせた治療食も頼めるレストラン、住人の快適な生活を24時間サポートする常駐スタッフなど、生活全般で必要なサービスが受けられる「ザ・レジデンス芦屋スイート」は、今後の人生をどう楽しむかを考える人々から、熱い注目を浴びているマンションだ。
 場所は、“潮芦屋"の愛称で呼ばれ、豊かな自然と優れた住環境が融合した新しいまちづくりが進められている南芦屋浜。芦屋という歴史あるたたずまいと、最新技術に支えられた街の快適さ、子どもも大人も世代を超えて交流する活気あふれるコミュニティー、これらが満喫できる住環境も、「ザ・レジデンス芦屋スイート」の大きな魅力だろう。
PAGE...|
LINK
LIVING
不動産収入の先にある蜜
>>2014.10.6 update
CULTURE
高級ホテルの“覆面調査員”イレーネの幸せは?
>>2014.1.31 update
STYLE
愛しき時計店― レザープレシャス芦屋
>>2009.1.9 update
STYLE
森が私たちを支えている 青山佳世
>>2013.10.28 update
CULTURE
チェコの鬼才、ヤン・シュヴァンクマイエルの映画最新作
>>2011.9.9 update

記事カテゴリー