PAGE...|||
東京で豊かな暮らしを
かなえる
R100 TOKYO

Photo Takayuki Haneta(digni) Text Kiyo Sato
東京での豊かな暮らしを追求したリビタの新しいリノベーションブランド「R100 TOKYO」が始動。後世へと住み継がれる普遍的な価値を備えた住まいを提供する。記念イベントとして開催されたトークセッションでは、ワールドワイドに活躍する本田直之氏、松嶋啓介氏、小坂竜氏が、リビタが手掛けた原宿神宮前のシェア型複合施設「THE SHARE」にて、住まいの価値観や豊かさについて語ってくれた。
子や孫へ代々住み継がれ、家の歴史が刻まれていく。時代を経ても変わらない魅力にあふれた住まいこそ、真に豊かな暮らしを築く場所かもしれない。
 文化や流行の発信地であり、経済的に豊かな都市とされる東京。しかし、住宅事情は恵まれているとは言えず、持ち家率や平均住宅面積は全国最下位。バブル期には都心の一等地に専有面積100㎡を超えるマンションが次々と建設されたが、現在、23区内の新築マンションではわずか1.1%、中古物件でも4.4%しかない。都心の新築マンションはコンパクト化し、「広さ」と「立地」の両方を望んでも供給が少ないのが現状だ。
 そんな中、「東京に足りないものは豊かさかもしれない」という疑問から、本当の意味での豊かな暮らしや住まいの在り方を見つめ直したのが、リビタの新プロジェクト「R100 TOKYO」だ。同社のリノベーション分野におけるノウハウを生かし、バブル期に建てられた希少性の高い100㎡以上の建物を、一邸から共用部や外観まで含めた一棟までリノベーション。そのどれもが自然に恵まれた歴史と伝統が根付く山手エリアの邸宅地に位置し、「広さ」と「立地」という条件を兼ね備える。
PAGE...|||
LINK
LIVING
日本の美意識を リスペクト
>>2016.11.16 update
STYLE
LEXUSが提案する南青山のライフスタイルショップ
>>2013.9.6 update
STYLE
隈研吾が考える自然な建築
>>2014.7.11 update
LIVING
秘められた邸宅地・大山町
>>2014.5.29 update
LIVING
豊かさを描く新スタイル
>>2015.11.2 update

記事カテゴリー