PAGE...|||
HOP と石正園のコラボレーションで造り上げられたS邸。真っ直ぐに伸びる木の幹が印象的。(S邸・神奈川)
暮らす人“らしさ”を表現してこそ

石出和博(以下石出) 私が庭まで設計して造る場合もありますが、ほとんどの庭は造園家に方向性をお話しし樹種も含めてお任せする場合が多いです。庭はこまめなメンテナンスが必要なので、何かあればすぐに見てもらえる、地元の造園業者さんにお願いすることが多いのですが、平井さんの場合はいかがですか。

平井孝幸(以下平井) そうですね、時代が変わって、インターネットを見たという地元以外のお客様からのご依頼も多くなりました。あとは建築雑誌を見て……というお客様もいらっしゃいます。

石出 平井さんとの初仕事は 2 年前の S 邸が最初の出会いですが、私どもの造った S 邸を見て、どう思われましたか?

平井 基本的に和の要素を取り入れているけれど、和そのものではない。これまで建築の基本とされてきたものに捉われることなく、自由な発想でものづくりができる建築家が造った家だと感じました。その分、こちらも自由に庭づくりができると思いました。

石出 そんな風に感じていただけたのは、うれしいですね。

平井 庭も、家も、一番大切なのは、お客様の理想を一番良い形にすることです。しかしときには「これは建築家の思いが優先されているな」と感じられる家もあります。そういう家の庭を造るのは難しいんです。私が作りたいのは、そこに暮らす人、その人らしさが感じられる庭。それこそが心地良さのある庭だと思っていますから。

石出 S 邸で平井さんが完成させた庭を見て、正直びっくりしました。普通、庭木というのは葉を見せるものだと思っていましたから。ところがS邸の大きな窓から見えるのは何本もの木の幹なんです。それも山中にしかない杉や雑木、そこにでこぼこととがった石を入れて、ザリガニが住む小川がある。自然そのものがそこにありました。

平井 これは植木屋の世界でも、驚かれます。

石出 いやあ、驚きましたよ。そしてこれがまた、本当にいい景色なんです。それも都会の真ん中にです。私どもが提唱している「森を建てよう」にぴったりの、まるで自然の森の中にいるかのように感じられる、素晴らしい空間で……。あんな大きな杉を移植したら、枯れるんじゃないかと内心心配したのですが(笑)。

平井 大丈夫、ちゃんとやれば大丈夫なんですよ(笑)。

石出 それが平井さんの素晴らしさだと思います。あの庭を見たときには正直言って「まいった!」と脱帽しました。私どもが造った家がよりいっそう“生きた"と感じましたし、市中多山居の空間がそこにはありました。
PAGE...|||
LINK
LIVING
家族の原風景を生み出す家 HOP
>>2013.6.1 update
LIVING
100年後も美しい家「ハウジングオペレーションアーキテクツ」
>>2012.11.22 update
LIVING
美しい家づくりが、美しい森を守る ハウジングオペレーションアーキテクツ
>>2012.5.1 update
LIVING
家族の絆と幸福な時間を紡ぐ家 HOP
>>2013.8.23 update
LIVING
富士桜高原別荘地で楽しむ充実した時間
>>2011.10.5 update

記事カテゴリー