PAGE...|
※掲載の完成予想図は設計段階の図面を基に描いたもので、実際とは異なります。今後変更の可能性があります。
日本瓦ぶきの外観が特徴的な「ル・パルトネール 京都 御屋敷町」は全36邸。住居専有面積は67.01〜90.28㎡を予定している。風致地区に指定されており、周辺建物との調和をはかるため、緑地率や建物の高さなどに制限がある。そのため都市にいながら自然豊かな生活を手に入れることができる。
古都の四季がある贅沢
Text Yosuke Ooba
ル・パルトネール 京都 御屋敷町

四季折々の豊かな自然と古都の魅力を存分に味わうことができる
京都・右京区に誕生する「ル・パルトネール 京都 御屋敷町」。
日々の暮らしの散歩圏内に数々の歴史的建造物がある贅沢—
そんな愉悦を手に入れることのできる物件だ。
1200年の歴史を誇る古都京都。日本はもとより、海外からも多くの観光客が集まる世界屈指の歴史ある文化都市であり、我が国の現在に至る文化を築いた礎になる場所だ。今回紹介する「ル・パルトネール京都 御屋敷町」がある右京区のエリアも同様で、888年に宇多天皇により創建された門跡寺院である国宝・世界遺産の「仁和寺」に続く、ゆかりの院家があった界隈として親しまれてきた。
PAGE...|
LINK
STYLE
美しきものを見る ベントレーで行く京都
>>2016.3.13 update
LIVING
たおやかに暮らす古都の“駅前私邸” ルネ京都烏丸五条
>>2012.1.31 update
LIVING
京の中枢に住まう プラウド京都麩屋町御池
>>2014.12.5 update
LIVING
厳かな歴史の中に住まう
>>2015.11.2 update
CULTURE
大内家、夢の後先 西の京の栄華
>>2017.10.23 update

記事カテゴリー