PAGE...1|2
アマン東京のロビー。中心には壮麗な生け花が置かれた池があり、その両側に石庭を配置。障子に見立てた吹き抜け天井は圧巻。随所に日本らしいデザインを取り入れている。
日本の美意識を
リスペクト
Text Mayumi Sakamoto
日本の伝統的な住まいには、人の心と自然をつなぐ意匠が息づいている。自然の中に宿る美しさを追求したクラフツマンシップもある。
その美意識が昇華されて生まれるデザインから真のくつろぎを得る。
木や石、和紙といった自然素材が多用されるのが日本の伝統建築である。特に、木には生命力や温(ぬく)もりが宿り、空間の中にあるだけで心地よさが感じられる。
 一方で日本の住まいは間取りにも心地よさの秘密がある。部屋と部屋、部屋と廊下が、障子で仕切られることで与えられる開放感。縁側を通して室内と庭とがゆるやかにつながり、自然との一体感も感じることができる。閉じたり開いたりが自在になり、用途に合わせて暮らしを作ることができるところも日本家屋の魅力だ。のびやかな開放感の中に自然素材を多用することで、さらなる心地よさが生まれる。
 チャールズ&レイ・イームズ夫妻や、イサム・ノグチ、アルバ・アアルト、ジョージ・ナカシマといった20世紀を代表するデザイナーたちは、日本の伝統や文化に影響を受けたといわれている。イサム・ノグチの和紙の灯(あか)りや、ジョージ・ナカシマの家具はいまも人気が高く、審美眼の高い人たちを魅了している。
 素材としての木に第二の人生を与えるという独自の哲学で、多くの名作家具を世に出してきたジョージ・ナカシマの木への向き合い方には職人魂がある。あるがままの木を生かし彩色を加えず、もともとの美しさを限界まで生かすという独自の技法。モダンデザインと日本の伝統的な職人技を融合しているが、「和洋折衷」という言葉では片付けられないセンスとオリジナリティーがある。感性に響くデザインとでもいえばいいだろうか。自然の美しさを理解し、リスペクトしているからこそ生まれるクラフツマンシップだ。一生ものと呼ぶにふさわしい存在感を漂わせながら空間になじむ人を優しく包み込む。
PAGE...1|2
LINK
LIVING
自然と人をつなぐニュースタイル
>>2016.11.1 update
LIVING
日本人の美意識に根ざした紙の器『WASARA』
>>2013.3.1 update
LIVING
タイルの曲線美が描く「クラファクター」の世界
>>2013.3.1 update
CULTURE
巨匠エンツォ・マーリが出会った日本
>>2009.1.9 update
LIVING
いま造るべきは美しい不動産
>>2016.4.6 update