PAGE...|
吹き抜けの大空間の中に、趣のある石壁と障子をイメージした窓、暖炉にくつろぐリビング、ダイニング。
自然と人をつなぐ
ニュースタイル
Text Mayumi Sakamoto
天然木に縁取られるのは感性に響くデザイン。自然にリスペクトすることで生まれる数々のクラフツマンシップが結集している。洗練されているのにどこか懐かしい、“日本の今を感じる”ニュースタイルコレクションが登場。
水平ラインを強調する深い軒が落ち着いた景観を作り上げる、三井ホームの「オークリー」。1999年に発売されたものだが、今も多くの人に愛されているロングセラー商品だ。街並みに調和するプレーリースタイルの外観はもちろん、天然木を多用したウッディースタイルのインテリアの中に普遍的な美しさが宿っている。趣味の部屋を夫婦それぞれが持ち、自分の時間を充実させる“大人が楽しむ家"をコンセプトに、和室やLDKなどをそれぞれ独立した形で配したプランを提案してきた。
 オークリーの魅力そのままに現代のライフスタイルに合わせてリニューアルしたのが、この秋のニュースタイルコレクション「Essential Nature Style」。自然素材をふんだんに使い、自然そのものをリスペクト。自然との調和を大切にしてきた日本の伝統的な建築や意匠から“日本らしさ"を追求し、“日本の今を感じる"デザインに昇華させている。それは、純粋な和のイメージや、和洋折衷とは異なる表現で、例えるならアマン東京やアンダーズ東京といった外資系ホテルの中に息づく日本らしいディテール。自然素材を使ってくつろぎの深みへと誘う、洗練されたデザインだ。
 リニューアルされたオークリーでまず目を引くのは木、石、ガラスといった様々な素材が使われていること。リビング・ダイニングの天井はレッドシダー材、床にはタイルを配し、重厚になりすぎないよう配慮しながら抜け感を演出。2階に続く階段周りには、滝をイメージしたガラスアートを施し、水の存在を感じられるデザインに。様々な空間構成の中に日本ならではのクラフツマンシップで自然素材を落とし込んでいる。
PAGE...|
LINK
LIVING
日本の美意識を リスペクト
>>2016.11.16 update
LIVING
伝統美を昇華させる新しいロジック
>>2020.3.31 update
LIVING
『イタリアの街』を再現した、 中庭とガレージのある家
>>2011.7.19 update
LIVING
日常を豊かにする安らぎの住まい 三井ホーム
>>2018.4.26 update
LIVING
豊かな暮らしを発信するドイツ家具
>>2020.2.26 update

記事カテゴリー