PAGE...||
家族だけの光と緑の中庭。すっきりとした建築デザインに加え、窓と網戸のW(ダブル)クリアによる開口部によって心地よい景観を実現した。
クリアな窓が叶える美しい家 YKK AP
Photo TONY TANIUCHI
Text Rie Nakajima
「建物がこだわっていても、窓からの景観が美しくなければ意味がない」と建築プロデューサーの河部吉孝氏は言う。そんな河部氏の理想を叶えたのは、YKK APの“網のない”防火窓とクリアな視界を実現する新世代の網戸だった。
自由が丘の駅から徒歩7分。奥沢の由緒ある高台に、シンプルかつ無駄のない、美しい家が独自の存在感を放っている。「奥沢光庭(おくさわひかりにわ)」と名付けられたこの家は、建築プロデューサーの河部吉孝氏が手がけた建売住宅である。
「注文住宅は予算と時間がかさみます。そして建売住宅だと派手な素材を寄せ集めただけで、作り手の理念とセンスが感じられないというイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。しかし、企画者がもっと創造性と経済性のバランス感覚を持つことで、魅力的な建売住宅を生み出すことはできるのです」と河部氏は言う。実際、メンテナンスフリーの既製品だけで高いデザイン性を実現した河部氏の建売住宅は他に例がないため、「建築家に頼みたいけれど時間がない」、「建売住宅は最初から眼中になかった」という富裕層から絶大な支持を得ている。
資料請求 HPはこちら
PAGE...||
LINK
LIVING
日本の住宅にあるべき 二つのホスピタリティ アドキャスト
>>2016.7.1 update
LIVING
光と風を操るブラインド サンシャディ
>>2016.4.15 update
LIVING
リゾートのような 理想の住まい フロンヴィルホーム千葉
>>2011.4.28 update
LIVING
感性に響く自然の別邸 ミサワホーム東京 リゾートリビング室
>>2012.8.30 update
LIVING
思い出を形にした家 フロンヴィル ホーム 千葉
>>2013.6.11 update

記事カテゴリー