PAGE...1|2
三井ホームの木造地上2階建て「ラングレー」のリビング。1階リビングを中心に屋内外が一体となり、光や風を存分に感じられる。
日常を豊かにする安らぎの住まい 三井ホーム
Text Kiyo Sato
これからの時代に求められる上質な住まいを追求した三井ホームが提案する新商品「LANGLEY(ラングレー)」。100年後も価値を持ち続ける自然素材に包まれた空間では、心から安らげる豊かな暮らしを実現できる。
木のぬくもりに包まれた室内に爽やかな風が吹き抜ける午後のひととき。大きな窓から差し込む柔らかな光を感じながら思い思いにくつろげる空間は、家族もゲストも笑顔にさせる。三井ホームがこの4月に発表した新商品「LANGLEY(ラングレー)」は、そんな何気ない日常を豊かにしてくれる住まいだ。
 室内に足を踏み入れると、天井高3mの開放感に満ちた空間が出迎えてくれる。1階はリビング&ダイニングを中心に、ゆったりとしたキッチン、ヌック(ファミリーダイニング)、収納スペースがぐるりと囲む回遊性のあるプランだ。どこにいても心地良い風が感じられ、心身ともにリラックスできる。
 同商品では、リビングやダイニングに加えて、日当たりの良い場所に配されたヌック、室内と連続する軒下空間に設けた半屋外スペースのラナイなど随所にくつろぎの居場所を用意。中でもラナイは戸外の空気をダイレクトに感じながら食事やホームパーティーが楽しめるもう一つのリビングのよう。周囲を植物や塀で囲みプライバシーを確保すると同時に、屋根付きのため雨や強い日差しが遮られるので、快適かつ衛生的に過ごすことができる。
 天井高のあるダイナミックな1階に対して、2階はヒューマンスケールの個室で構成。和室、主寝室、バスルームなどが段差によって緩やかに仕切られている。書斎として使えるSOHOコーナーやフィットネスルームも用意され、ライフスタイルに合わせた間取りを実現する。
資料請求 HPはこちら
PAGE...1|2

PR