PAGE...|||
がん細胞は自己正常細胞の遺伝子変異によって生じるが、このようながん細胞の増殖を抑制する様々な機構が存在する。(提供:メディネット)
もともと人間の身体にはがん細胞を排除、あるいは増殖を抑制する働き(免疫システム)があり、体内でさまざまな免疫細胞ががん細胞を攻撃して死滅させている。その攻撃力が弱まり、がん細胞が増殖・分裂を繰り返し、腫瘍を形成する。免疫細胞治療は、がん細胞を排除する働きを持つ免疫細胞を患者自身の体内から一度取り出し(採血)、高度な培養技術によって免疫細胞の数を大量に増やし、あるいは機能を強化した状態で患者の体内に戻し(点滴)、目に見えない分子レベルのがん細胞を患者自身の免疫細胞で攻撃する治療である。
PAGE...|||
LINK
BEAUTY
がん医療の新たな可能性を拓く『免疫細胞治療』
>>2010.1.8 update
BEAUTY
進化するがん治療法「免疫細胞治療」(2)
>>2009.10.15 update
BEAUTY
進化するがん治療法「免疫細胞治療」(3)
>>2009.10.15 update
BEAUTY
オーダーメードのがん治療ワクチン アベ・腫瘍内科・クリニック
>>2015.4.30 update
BEAUTY
健康セミナー「がんになりにくい体をつくる」
>>2013.3.29 update

記事カテゴリー