PAGE...1|2
HELENA RUBINSTEIN
美を科学する
Photo Takehiro Hiramatsu(digni)
Text Noriko Masumoto(alto)
NileScope-Beaute Vol.1
「ヘレナ ルビンスタイン」。この化粧品ブランドの名前が、実は創業者の女性の名前だと知っている人は決して多くはないだろう。1872年、ポーランドで8人姉妹の長女として誕生した彼女は、1965年にニューヨークにて93年の生涯を閉じるまで、化粧品の歴史にさまざまな革新を起こした。
 20歳のときに単身オーストラリアに渡る際、母親の友人である化学者の作ったクリームを母親に持たされたことが、彼女の人生の転機となった。厳しい寒さのポーランドとは異なり、暑さと強い日差しが特徴のオーストラリアで、女性たちの傷んだ肌を目にした彼女はそのクリームを販売することを思いつき、1894年に美容クリームとして販売を開始して大ヒット。さらに処方を改良して1902年美容サロンを開設したことが、ブランドの誕生となった。
 以降、1908年にロンドン、続いてパリ、アメリカへと進出し、その基盤を盤石のものとしたヘレナは、それまで誰も思いもつかなかった化粧品の開発へと乗り出し、ウオータープルーフマスカラ、ビタミン配合化粧品、ブラシと液体が一体化されたオートマチックマスカラなど、“世界初"という冠を持つ製品の数々を生み出した。
 「明確なビジョン」「革新性」「科学に基づいた研究」というヘレナの化粧品哲学は彼女の没後も継承され、ピュアビタミンC配合の化粧品など、世間をあっと言わせる製品で注目を集め続けている。
PAGE...1|2