PAGE...1|2
SK-Ⅱ
透明感を作る
Photo Takehiro Hiramatsu(digni)
Text Noriko Masumoto(alto)
NileScope-Beaute Vol.8
ここ数年は空前の発酵ブームだ。古くから味噌や醤油などが造られる過程で培われてきた日本の伝統技術の一つが改めて注目され、食品はもちろん、化粧品にも発酵をうたうものが多数登場している。このブームからさかのぼること30年以上。1980年に誕生したのが発酵代謝液を活用した高機能化粧水、「SK-Ⅱ フェイシャル トリートメントエッセンス」だ。
 そもそも研究のきっかけは「肌にとって安全な新規成分を開発すること」だった。一部の化粧品で不純物を含む原料が使用されその安全性が問題視されていた当時、最優先事項は「安全性」。植物成分、温泉水とさまざまな候補が挙げられた中、「杜とう氏じ の手は、なぜみずみずしくなめらかで美しいのか……」という疑問から研究を開始、一つの酵母にたどり着いた。その独自酵母が自然のメカニズムによって発酵を繰り返す際に放出する発酵代謝液が、最新のテクノロジーに支えられ誕生した成分が、ピテラ™。自然が作り出すものゆえの不安定さを克服して一定の水準を保つとともに、安全性を確立して化粧品有用成分として認可を受けるためには研究も含め5年以上の時間を費やしたという。
PAGE...1|2