PAGE...1|2
IMPRESS
端正玲瓏美肌礼讃
Photo Takehiro Hiramatsu(digni)
Text Noriko Masumoto(alto)
NileScope-Beaute Vol.11
「印象」という意味を持つ名を冠し、2006年に誕生したブランド、インプレス。「最上級の美は、印象で決まる。」というコンセプトに基づき、70年超の歴史を持つカネボウ化粧品の最先端の技術を体現したこのブランドの登場は、当時大きな話題となった。
 インプレスを語るときに欠かせないのが「端正」というキーワードだ。「端正な肌、端正なひと。」というキャッチコピーに見られるように、そこには、ブランドが実現したい肌、そして女性像が込められている。
 「端正な肌」とは、ハリや透明感に満ちあふれた肌のこと。それはトラブルが全くない肌を指すのではない。例えば、少し日に焼けていたり、多少のシミや小ジワがあったとしても気にならないような、人となりを表す充実感のある肌印象なのだという。
 肌のトラブルは、加齢や紫外線、日々のストレスなど、さまざまな要素が引き金となって起こるものだ。これらの複合的な要因で肌がダメージを受けると、細胞や組織の「結合・接着」に悪影響を及ぼし、その結果、肌トラブルが表面化してしまう……。この「結合・接着」こそが、インプレスのブランドづくりの根幹だと言ってもいいだろう。
PAGE...1|2