PAGE...1
“シミの記憶”を消し去る力で、上質な明るい艶肌へ
年齢を重ねるごとに消えにくくなるしつこいシミに着目。肌内部の“シミの記憶”にアプローチするために
注目したのが、ホワイト ローズ。クリームは、ふんわりとした軽いテクスチャーが肌になじむと、包み込むようにフィットする、至福の使い心地。若々しいハリと内側から放つような明るさを目指す。プレステージ ホワイト コレクション ラ クレーム[医薬部外品] 50? 41,040円
DIOR
薔薇の美を女性の肌へ
Photo Takehiro Hiramatsu(digni)
Text Noriko Masumoto(alto)
クリスチャン・ディオールといえば、世界中の女性たちをとりこにする、屈指のファッションブランドだ。その歴史が花開いたのは、1947年、初めてのコレクションを発表した場だった。その画期的なスタイルは「ニュールック」と名づけられ、センセーショナルなデビューを飾った。
 言うまでもなく、現在の化粧品業界においても、このブランドは確固たる地位を築いている。実は化粧品が誕生したのも、彼のデビューである「ニュールック」の現場だった。戦後の女性たちに笑顔を取り戻してほしいと願った彼は、大好きだった花々の香りで、素敵なサプライズを届けたいと、一つのフレグランスを作った。
 その製品のクリエーションは、今でもクリスチャン・ディオールが愛した花がその源になっている。「神の創造物のなかで、花は女性の次に神聖なものである」―これは、彼が残した言葉である。幼少期に住んでいたグランヴィルの庭で、繊細な感受性を育み、後に発表する数々のコレクションにおいても花々から受けるインスピレーション、アイデアを惜しみなく表現した。
 彼の思いは現在、化粧品開発において「ディオール ガーデン」という形で、フランスはもちろん、マダガスカル、ウズベキスタン、ブルキナファソなど各国に展開されている。1992年、民族学と植物学を組み合わせた「民族植物学」の考え方を取り入れ、それぞれの植物の特性・成分をスキンケアへと反映させながら、その土地の自然や人々を守る、それがこのガーデンの役割だ。理想的な生態系の中で、厳選された花を最も望ましい条件で栽培し、未来の化粧品成分へとつなげている。
 特に薔薇は、クリスチャン・ディオールが愛した花の一つ。美しさを備えながら、傷つきやすく成熟した女性の肌は、まるで純粋な薔薇のようにデリケートである。こうした大人の肌に特有の要求に応えるために開発されたプレミアム スキンケア ライン「ディオール プレステージ」においても、希少な二つの薔薇が活用されている。一つは、クリスチャン・ディオールの庭で咲き誇り、驚くべき抵抗力を持つグランヴィル ローズ。海を見わたせる崖の上で、強風に耐えながら咲き、崇高な美しさを持つ薔薇には、時間を経るごとに抵抗力を高める力があるという。もう一つは、この春リニューアルされた「プレステージ ホワイト コレクション ラ クレーム」に新しく加わった、“シミの記憶"にアプローチするパワーを秘めたホワイト ローズ。“シミの記憶"を忘れさせ、繊細な薔薇のように純粋な白さを叶えてくれる。日本女性の繊細な肌のために特別に処方されたこのアイテムは、美白のみならず、アンチエイジングなど多くの効果を期待できる。特にクリームは、贅沢な使い心地と肌レベルの高まりを実感できる一品だ。
 女性たちが幸せに、美しくいるために。クリスチャン・ディオールが持ち続けた思いと花への愛は、形を変えたとしても、これからも世の女性たちへと伝え続けられていくはずだ。

●パルファン・クリスチャン・ディオール
TEL03-3239-0618 on.dior.com/diorprestigewhitejp
PAGE...1
LINK
BEAUTY
LANCOME 人生を変えるスキンケア
>>2014.7.15 update
BEAUTY
日本人女性の肌を乾燥から救うアヴェダのスキンケア新クリーム
>>2014.12.26 update
BEAUTY
CLARINS 植物の 恵みで美を手に入れる
>>2015.7.8 update
STYLE
シャネル「N°5」が呼び覚ます記憶
>>2015.12.21 update
BEAUTY
この春注目の美容液
>>2015.3.13 update