PAGE...1|2|3|4|5|6
(左から)10皿に及ぶコース料理、コンテンポラリーバリニーズを提供。写真は、鶏肉とテンペマニス、海老のマンゴーマヨネーズなど8種のマイクロメニュー。/入口には光と影のコントラストが美しいウッドカービングが。ジャングルに張り出す開放的な造り。/銀ダラのスパイシーグリル 西京味噌風味。剣山の上にはテンペが。/インドネシアンスタイルの朝食。インドネシアのお粥、ブブールに薬味や鶏肉のスープをかけていただく。
ジャングルが広がる開放的なダイニングでは、バリの食材を熟知した日本人シェフによる夕食、コンテンポラリーバリニーズを頂けます。
 全10皿におよぶコースは、インドネシア料理に和のエッセンスを取り入れたもの。銀ダラをインドネシアの調味料でスパイシーに仕上げたグリル。新鮮なお造りをチリソースや生姜ゼリーで頂く、変化球のある盛り合わせ、ココナッツの甘みと玉子の相性が抜群な茶碗蒸し仕立てなど、想像力に富んだメニューを楽しめます。
 また、朝食は和食・アメリカン・インドネシアの3種から選べます。ここでぜひ選んで頂きたいのはインドネシアン。
 揚げたピーナッツとじゃこ、鶏肉のターメリックなど、9種の多彩なコンディメント(薬味)が用意されており、それらをお粥に加えていくと、旨みや辛みが深みを増して、夢中で食べ進めてしまうほどの深い味わいに。コンディナントには日本語での説明書きが付いてくるので、帰国してからもこの味を再現したくなること確実です。
 オープンして1か月弱でしたが、オペレーションもストレス無し。インドネシア人スタッフの温かみのあるサービスに気持ちもほっこり。こんな上質な料理やサービスには、「星のや」ブランドがしっかりと反映されていました。
PAGE...1|2|3|4|5|6
LINK
TRAVEL
バリと日本の文化が紡ぐ宿 星のやバリ
>>2017.5.30 update
TRAVEL
TRAVELLER’S PLATINUM LIST Vol.1
>>2014.4.7 update
TRAVEL
「ジンバラン・プリ・バリ」にプール・ヴィラ誕生
>>2009.4.21 update
TRAVEL
「ジンバラン・プリ・バリ」にプール・ヴィラ誕生
>>2009.3.6 update
TRAVEL
星のや京都 & 星のや竹富島
>>2015.2.25 update