PAGE...
ドゥ・ラ・メールの最高峰コレクションである「ジェネサンス ドゥ・ラ・メール™」。シャンパンゴールドの香水瓶のようなラグジュアリーなたたずまいもまた、このコレクションを特別なものにしている。(左から)ジェネサンス ドゥ・ラ・メール™ ザ・セラム エッセンス 30mL 78,840円、ジェネサンス ドゥ・ラ・メール™ ザ・アイ アンド エクスプレッション クリーム 15mL 48,060円、ジェネサンス ドゥ・ラ・メール™ ザ・インフューズド ローション 150mL 32,400円
立ち止まる時、輝き出す肌
Text Nile’s NILE
海から得たインスピレーションをもとに常に“完璧”を追求するドゥ・ラ・メール。
その最高峰コレクションである「ジェネサンス ドゥ・ラ・メール™」は、
肌が生まれ変わったような印象へと導く、“スキンケア体験”ができる。
その第一歩を踏み出すイベントを、ドゥ・ラ・メールとナイルスナイルで共催する。
このまたとない機会に、その魅力を、手に取って実感してほしい。
高い肌実感で、世界に魅力を届けているブランド、ドゥ・ラ・メールの、“それは時を遡る"という長年の願い*¹から生まれたのが、最高峰のコレクション「ジェネサンス ドゥ・ラ・メール™」である。2016年に美容液、その翌年に化粧水とクリームを発売して以来、生まれ変わったような輝く肌印象へ導かれることに注目が集まっている。

 このシリーズの鍵となる共通成分「クリスタル ミラクル ブロス™*²」は、ドゥ・ラ・メールというブランドの誕生のきっかけとなった海藻などからなる美容保湿成分「ミラクルブロス™」が濃縮されたものだ。実は、ニューヨークにあるマックス・ヒューバー リサーチ ラボの研究者がある日、「ミラクル ブロス™」が入ったビーカーの中に、スパチュラを入れたまま放置してしまった。すると翌日、その中には「ミラクル ブロス™」が結晶化したものが奇跡的に形成されていた……。ただ、こうした偶然によって生まれた「ミラクルブロス™」の結晶は、そう簡単には再現することはできなかった。それでも3年もの歳月をかけて実験を繰り返し、ようやく再現できたのが、この「クリスタル ミラクル ブロス™*²」なのである。

 例えば、シリーズ共通成分の「ザ・ジェネサンス™ ファーメント*³」は、地中海コルシカ島周辺に自生する希少なポンポン レッドアルゲを独自培養し、自然光を与えてファーメントへと昇華させたもの。他にもアイテムごとに配合された成分は海洋由来のものが多い。

 そんな海の恵みを凝縮した化粧水、美容液、クリームの3品で構成される「ザ・ジェネサンス ドゥ・ラ・メール™ コレクション」。このドゥ・ラ・メール最高峰コレクションの魅力を、ブランドストーリーから知ることができるイベントを開催する。東京がきらきらと華やかな雰囲気に包まれる12月19日、その夜景を独り占めできる六本木ヒルズクラブでナイルスナイル会員のためだけの、ちょっと早いクリスマスパーティーだ。シャンパーニュとジェネサンスドゥ・ラ・メールをイメージしたフィンガーフードを楽しみながら、気になる製品の実力を心ゆくまで試すことができる。このドゥ・ラ・メールとの特別イベントにぜひ、参加してみてほしい。

ナイルスナイル会員特別招待!
Nile’s NILE ×DE LA MER クリスタルクリスマスイベント
■日時 12月19日(水)18:00 ~
■会場 六本木ヒルズクラブ(東京都港区六本木6-10-1 六本木ヒルズ森タワー51F)
■参加人数 10組20名様
■応募締め切り 11月26日(月)
■問い合わせ ナイルスナイルデスク TEL03-5774-0881
イベントの応募はこちら HPはこちら


●ドゥ・ラ・メール お客様相談室 TEL03-5251-3541  

*1 ブランドの原点に立ち戻るの意味 *2 スクロース、アルゲエキスを含む保湿成分 *3 ジャニアルベンスエキス、ラミナリアディギタータエキスなどからなる整肌保湿成分。ザ・インフューズド ローションにはザ・ジェネサンス ファーメント™に代わる成分として、同様な効果を期待するザ・ジェネサンス ファーメントN(ジャニアルベンスエキス、ラミナリアディギタータエキス、クランベリー果実エキスなどからなる整肌保湿成分)が含まれている
PAGE...
LINK
BEAUTY
“奇跡”のコレクション ドゥ・ラ・メール
>>2017.10.20 update
BEAUTY
50年後の運命の出合い
>>2018.8.8 update
BEAUTY
ドゥ・ラ・メール初のコレクションアイテム
>>2015.12.24 update
BEAUTY
永遠の魅力の源泉
>>2018.10.11 update
BEAUTY
美の起源 ドゥ・ラ・メール
>>2019.1.30 update

記事カテゴリー