PAGE...1|2|3
スワロフスキーがきらめく3mものシャンデリアを眺めながら、緩やかなカーブを描く総石造りの階段を下りる。これ以上ないほどの優雅な空間が気持ちを高揚させてくれる。
リーダーたちの社交場
ル・クラブ・ドゥ・トウキョウ
Text Rie Nakajima
六本木で随一の華やかさを誇る完全会員制のプライベートクラブ。厳格な審査を通過して初めて足を踏み入れることのできるその空間では、今宵も日本を率いるリーダーたちがひとときの贅沢を享受している。
たとえ評判の店であっても、ゲストの質が良くなければ訪れる価値はないだろう。その点、確かな信頼のもと通うことができるのが、六本木にある「ル・クラブ・ドゥ・トウキョウ」だ。かつて西洋の貴族階級が集った社交場のように、選ばれた紳士のみが利用することのできる完全会員制のプライベートクラブである。
 路地裏のエントランスは、知る人ぞ知る世界への入り口だ。フランス王家にゆかりのあるユリの紋章に迎えられ、エレベーターホールでアメリカ国防省ペンタゴンが採用しているものと同じ静脈認証システムに手の甲をかざして入店する。
資料請求 HPはこちら
PAGE...1|2|3

PR