PAGE...||
(左から)見た美しさもさることながら、これだけの数の金魚を長期間維持し続けるノウハウも特筆すべきポイント。参考価格は800万円以上。「Flower Aquarium」の水槽の台は黒の革貼りでよりゴージャスな雰囲気を演出した。参考価格は350万〜450万円程度。
インテリアアクアリウム
という楽しみ方
Text Keiko Nagahashi
比類なきアクアリウムの世界へ
神秘的な水中の世界を水槽の中につくる“アクアリウム”。いまや自然を身近に感じるための“ペット飼育”という枠を超え、アートと呼ぶにふさわしい領域にまで達している。「アクアリウム クリエーターズ オフィス」は、斬新でアーティスティックな“アクアリウム”の世界を創造している集団。アクアリストをはじめ、インテリア・空間・照明デザイナーなど、様々なプロフェッショナルたちとのコラボレーションによって、よりハイレベルなアクアリウムアート空間をプロデュースし、多くのファンを魅了し続けている。同社の代表作のひとつが、金魚の艶やかな色と優雅な舞を如実に表現した「Oiran」。金魚鉢は、下の水槽には横から見るのが美しいとされる横見の金魚を、上の金魚鉢には上見の金魚を計500匹ほど泳がせ幻想的な世界をつくりだした。
 “ラグジュアリー感”をテーマとした「Flower Aquarium」は、水槽内のディスプレイとフラワーアレンジメントの競演作品。水槽内に配した赤味のある水草、そこから水槽の外へ突き出る流木、外側の花瓶に生けた赤い花が一体となって曲線を描く空間を創りだしている。いずれの作品も見た者を虜にしてしまう逸品だ。他にはない“アクアリウム”を望む人にオススメしたい。
PAGE...||
LINK
STYLE
第9回 Living Wellness In Luxury
>>2013.6.13 update
LIVING
新コンセプトのインテリアショップ、e interiorsがオープン
>>2013.3.1 update
LIVING
新しい都心の暮らしを実現 三井ホーム
>>2018.6.27 update
STYLE
ラグジュアリーオーディオ の息吹 GOLDMUND
>>2013.8.9 update
LIVING
日本の美意識を リスペクト
>>2016.11.16 update

記事カテゴリー