PAGE...1|2
TTNコーポレーション東日本総責任者を務める若林龍平氏。同社が2017年に立ち上げた新ブランド疊福では、古き良き畳や襖を継承しながら、時代に合わせた新しい和空間の提案をコンセプトにしている。
和の伝統 新たな創造
疊福
Photo TONY TANIUCHI Text Kiyo Sato
日本が世界に誇れる伝統文化の一つである畳や襖。80余年の歴史を経て生まれたブランド疊福が、現代人が忘れかけていた和空間の良さを広め、未来へと継承していく。
素材や技法にこだわった最上級の畳や襖(ふすま)、障子を用いて、これまでにない格調高い和空間を提案する疊福(たたみふく)。兵庫県伊丹市に本社を構え、畳や襖などを製造するTTNコーポレーションが、2017年3月にスタートさせた新ブランドだ。
「2015年に立ち上げたTTNホールディングスの傘下には、疊福を運営するTTNコーポレーション、設計から建築まで請け負うコトハウスの他、家具や照明、和雑貨など、インテリア関連の製品を扱う国内外のブランドがあります。その中で、本物を望む人に向けた上質な〝和〞にこだわったブランドとして、疊福が誕生しました」
 そう話すのは現在、TTNコーポレーションの東日本総責任者を務める若林龍平氏だ。
「我々がコンセプトとして掲げるのが〝温故創新〞です。古き良きものを次世代に継承しながら、時代のニーズに合ったより良いものを提供していくことを目指しています」
資料請求HPはこちら
PAGE...1|2
LINK
LIVING
疊福が提案する新和空間 疊福
>>2017.2.27 update
TRAVEL
大手町に登場“塔の日本旅館”星のや東京
>>2016.9.1 update
LIVING
粋の文化を継ぐ赤坂に住まう プレミスト赤坂翠嶺
>>2018.4.27 update
GOURMET
グランド ハイアット 東京「六緑」で、 秋の夜長を楽しむ
>>2012.9.27 update
TRAVEL
ホテルとして新しく全室生まれ変わった「ホテル雅叙園東京」
>>2017.9.15 update

記事カテゴリー