PAGE...|
キッチンをつることによってスペースを有効活用できる「b3」シリーズ。壁面のファンクションパネルはキッチン扉に合わせたり、木柄にしたりと多彩に自由な組み合わせが可能だ。
世界で選ばれるドイツ最高峰のキッチン
Text Nile’s NILE
他を圧倒する画期的なシステムと研ぎ澄まされたデザインで、世界のキッチンブランドのトップに立ち続けるブルトハウプ。ドイツのクラフツマンシップが息づく美しく機能的なキッチンが、洗練された暮らしをもたらしてくれるだろう。
キッチンは、食事を作るだけの場所ではなく、自分らしさを表現しながら、ともに食し集うパブリックスペースへ――。 ライフスタイルの変化に伴い、キッチンには機能性だけではなくデザイン性やインテリア性も求められるようになってきている。洗練されたデザインの海外のシステムキッチンが人気を集めるようになった中でも、美しくミニマルなデザインと機能性の高さで国内外から常に注目されているのがドイツ生まれのブルトハウプだ。
 1949年に家具工房からスタートしたブルトハウプは1970年代に、ミュンヘンオリンピックやルフトハンザ航空のCIデザインを手がけたオトル・アイヒャー氏がデザインに参画。職人技を生かした家具作りのノウハウと、建築や美術などあらゆる分野でモダンデザインの基礎を築いたデザイン学校であるバウハウスの、機能を伴う実用的な造形美を目指すという理念をベースに、人間工学に基づいた機能的でシンプルなキッチンで注目されるように。今や世界50カ国以上で展開するブランドへと成長、ドイツ国内の雑誌や認証機関で毎年発表されるラグジュアリーブランドランキングの家具キッチンブランド内で常に1位にランクインするなど、世界のキッチン業界を牽引(けんいん)するハイエンドメーカーとして知られている。製品はすべて南ドイツにある本社内で、蝶番(ちょうつがい)金具に至るまですべての製品を自社で開発・製造するなど品質の高さはトップクラスを誇る。その技術とこだわりは、創業当時からの「職人第一主義」という理念とともに、それぞれの職人たちが同じように職人になった息子や孫へ受け継がれている。
PAGE...|

記事カテゴリー