PAGE...|
(上)ラビドール御宿は太平洋を見下ろす高台に開かれた別荘地の一画に立つ。1万坪の敷地に一般居室はわずか204室。広々とした庭園や共用スペースを有する。(左下)部屋には陽の光が満ち、鳥のさえずりも聞こえる。※Lタイプ一般居室のリビングルーム(家具・調度品類は見本)。(右下)15m、 3コースの室内温水プールにはジャグジーも設置。
資料請求 HPはこちら
人生を謳歌する住まい
Photo TONY TANIUCHI Text Junko Chiba
シニアになった今こそ、若い時代にも増して生き生きと命を輝かせたい。そんな願いを具現化するのにふさわしい舞台がある。ラビドール御宿。房総の海を望む「高台の貴賓室」とも称すべきレジデンスだ。ここでの暮らしは、新世代シニアの新しい生き方を映すようだ。
好きなことをして、自由気ままに遊んで過ごす時間を手にする、そこにこそ今まで遮二無二仕事をし、社会に貢献してきたシニアがこれからを生きる醍醐味があるのではないだろうか。奇く しくもホイジンガというオランダの歴史学者が著書『ホモ・ルーデンス』の中でこう記している。
 「遊ぶから人間だ」――。 逆に言えば、シニアが目指す人間らしい暮らしは、遊んでこそ得られるものだ、ということ。「ラビドール御宿」は、そんなシニアライフを堪能できる理想的な舞台である。
 何よりも環境がすばらしい! 東京駅よりJR外房線特急で約80分と、都心に意外と近い。しかも国定公園に指定される美しい海岸線を持ち、温暖な気候と里山の自然に恵まれた、古くからのリゾート地だ。駅からレジデンスまで、海辺をまわり車で走るわずか数分の間に、陽光を受けて光る蘇そ 鉄てつの並木道や、2㎞にわたって続く白い砂浜、別荘の瀟洒な家並みなどを見やるうちに、現実世界からどんどん遊離していくよう。居住者の中には、「最初は週末や長い休暇を過ごすセカンドハウスとして利用し、時期を見て終ついの住処とする」人も多いそうだ。
 特筆すべきは、暮らしを豊かに彩る〝仕掛け〟が充実していること。何しろ約1万坪の敷地の3分の2が庭園なので、春になれば〝桜の園〟でお花見まで楽しめるのだ。また部屋にいながらにして、窓からの爽やかな風と暖かな日差しを身に受けながら、緑豊かな庭園とその向こうに広がる里山、房総の海が織り成す景色を眺めて過ごせる。日々、絵に描いたような「自然とともにある暮らし」を満喫できる。
PAGE...|
LINK
LIVING
多世代が交流しあう理想の暮らし
>>2017.3.3 update
LIVING
最高のシニアの邸宅 「東急ウェリナ旗の台」
>>2012.12.4 update
LIVING
リゾート暮らしを日常へ ザ・パークハウス 江ノ島レジデンス
>>2013.1.30 update
LIVING
緑に囲まれたレジデンスで豊かな暮らしを送ってみませんか プラウド目黒本町
>>2013.9.19 update
LIVING
住まいの理想を目指す「広尾ガーデンフォレスト」
>>2009.8.17 update

記事カテゴリー