PAGE...|
プロが選ぶ
デザインキッチン
Photo Satoru Seki Text Ichiko Minatoya
和洋中の区別なく、プロの料理人なら「厨房設計はタニコー」と言う。プロユースの厨房はバックヤードであり、機能性と耐久性を極めるのが一般的だ。しかしタニコーは最近新しい提案を始めている。それは厨房を空間演出の一部ととらえる、デザイン性の高いプロの厨房だ。
八ヶ岳の美しい自然の中に立つ、円形の外観が特徴的な「八ヶ岳 えさき」。日本料理にその人ありと知られた、ミシュランガイドの常連料理人、江﨑新太郎氏が満を持してオープンした新店舗は、まさに隠れ家と呼ぶにふさわしいロケーションの中にある。1日に昼夜それぞれ1組の予約しか受けないその店は、食卓と厨房が一つの空間の中にあり、調理をする江﨑氏の動きが、ほぼすべて見えるようになっている。
 その厨房を手がけたのが、タニコーの家庭用オーダーキッチンブランド「MEISDEL(マイスデル)」だ。建物全体の設計を手がけた福田世志弥さんの勧めで、一緒にマイスデルのショールームに行ったところ、いわゆるプロ用の厨房にありがちなシルバー一辺倒じゃなくて、色や質感もバリエーションが多い。什器の取っ手なども思い通りにオーダーできる。この店の厨房は、建物全体の雰囲気と自然になじむものにしたかったし、何より窓の外に広がる景色と一体感のあるものにしたかった。
「什器の外側に使ったこの色は、一目で気に入りました」
 マットな質感の黒い床によく映える、やわらかな赤みを帯びたピンクブロンズ。冷蔵庫など電化製品の外装もオーダーできるのが、プロ用厨房メーカーの強みだ。
「引き出しや扉の取っ手まで、福田さんの細かい要望を反映して、この建物全体の雰囲気にぴたりとくる厨房が出来ました」
(上)「茶室のように極限まで小さくし、自分の頭の中にお客様が入り込めるような空間に」という江﨑氏のイメージ通りの店に。(下)1700坪の森に囲まれた「八ヶ岳 えさき」。夜になると、白樺の木々の間から、シカやキツネなど動物たちが姿を現すという。
資料請求 HPはこちら
PAGE...|
LINK
GOURMET
金の皿、銀の皿 新世紀を作る料理人たち Vol.2 Restaurant Kei 小林 圭
>>2014.7.18 update
GOURMET
金の皿、銀の皿 新世紀を作る料理人たち Vol.1 Passage 53 佐藤伸一
>>2014.7.4 update
GOURMET
ローヌ・アルプ地方から来た親子シェフ
>>2009.1.9 update
GOURMET
走り続ける料理人 季節を語る
>>2015.12.26 update
GOURMET
日本初の“注目のレストラン賞”に フロリレージュが輝く
>>2016.2.29 update

記事カテゴリー