PAGE...|
ガゲナウの新作「The Vario cooktops 200 series」は、コンパクトなサイズながら性能は抜群。ブラックを基調としたスタイリッシュなデザインが特徴的。
最高品質のビルトイン家電
Text Kiyo Sato
ガゲナウのビルトイン家電で実現するワンランク上の暮らし
家族や知人と食卓を囲む何気ない日常をより豊かにしてくれるのがキッチン家電だ。数多くある製品の中から最良のモノを選ぶポイントとなるのが、料理の出来を左右する機能性だろう。加えてリビングやダイニングとつながる昨今の住まいにおいて、デザイン性にもこだわりたいところ。そうした要望に自信を持って応えてくれるのが、ドイツ・ガゲナウ社の家庭用調理器具だ。
 1683年の創業以来培ってきた伝統ある職人技に、最先端のテクノロジーを融合し、食器洗浄機、ガスコンロ、オーブンなど多様なアイテムを展開するガゲナウ。暮らしを快適に豊かにすることをモットーに生まれた高性能な調理器具は、世界各国の人々を魅了し続けている。
 その中でも今回紹介したいのが「The Vario cooktops 200 series」。IHヒーター、ハイカロリーバーナー、バーベキューグリル、鉄板焼、ベンチレーションといった五つのパーツを展開し、調理スタイルに合わせて組み合わせることができる。
 特筆すべきはコンパクトなサイズ展開。三つのパーツを設置した場合でも幅900㎜内に収めることができ、日本の住宅にも取り入れやすいサイズとなっている。従来の製品と比べてコンパクトさが特徴だが、機能性・デザイン性ともに最高級モデルにも引けを取らない。その一つが機械制御による正確な火力調整。フライパンセンサーがついたIHヒーターは120度から240度まで30度刻みで調整が可能。加えてハイカロリーバーナーもとろ火から最高6kwまで9段階で自動調整ができるため、難易度の高いメニューでも誰もがおいしく作ることができる。
 また、デザイン面では新たに採用されたコントロールノブに注目したい。“呼吸"をイメージしたLEDのイルミネーションリングが組み込まれており、温度上昇に従って白からパープル、オレンジへとカラーが変化。独創的なデザインに加え、全面ブラック一色で仕上げられたスタイリッシュなたたずまいも魅力だ。
PAGE...|
LINK
LIVING
上質な空間を演出する家電
>>2018.11.1 update
LIVING
日々の暮らしをデザインする
>>2019.3.20 update
LIVING
圧倒的に美しい冷蔵庫
>>2019.6.25 update
LIVING
進化したクックトップ
>>2020.7.28 update
LIVING
ガラスとアルミの芸術
>>2018.10.31 update

記事カテゴリー