PAGE...||||||
霧に包まれた「豊穣の国」奥丹波
Photo Masahiro Goda Text Junko Chiba
京都の背後に広がる丹波。
古えより風と水と土が調和する肥沃な土地として、「四神相応の地」と讃えられた都の穀倉であった。
この豊穣の地、丹波に生きる人々は、時候折々の地の幸を食し、日本海と瀬戸内の海の幸を料理し、自然の恩恵に与り続けてきた。
丹波とはどんな土地なのか。
ミシュランで三ツ星の評価を受け、またNPO法人「FUUDO」の立ち上げメンバーでもある、元麻布「かんだ」の店主、神田裕行さんと丹波を探る旅に出た。

テロワールの誘い

 列車で丹波に向かうと、大阪からだと三田、京都からだと亀岡の辺りから、霧が深まっていく。その霧に潜むように広がるのが丹波。さらにその奥には、大きな壁を成す山々の間に沈み込む“地面の割れ目"のような地域、奥丹波がある。ここ丹波市氷上町石生では、「日本の背骨」と呼ばれる南北に連なる山々が寸断されているため“地面の割れ目"となっている。今回、この不思議な地形が広がる奥丹波を旅した。
 ここには、南の瀬戸内海からの暖かな風と、日本海側の雪国からの冷たい風が吹き込む。その両方の風が運ぶ温度差の激しい空気がぶつかって、霧を発生させる。
「昔は京都も霧が多かった、田んぼが少なくなる所から順に霧が減るとも言われますが、地形の影響が大きいのでしょう。山に囲まれて閉じた地域は雨が降ると、山から流れ出る土砂が溜まって扇状地になります。田んぼができるずっと昔、丹波は湿地だったのです。こうした特殊な地形だからこそ、日本の生産力の要である米の生産地としての豊かさを享受できたんですね」と語るのは、環境コンサルタントの宮川五十雄さん。4年ほど前に、丹波に惚れ込んで西宮市から移住した“入り人"だ。
 「ここは本当にいい風が起きる。南西諸島から日本海に抜ける渡り鳥のルートの一つにもなっていて、よく珍しい鳥が観察されます。植物がまたおもしろくて、雪国との境目の地域に多い樅の木があったり、神社などでは南国の木が見られたり。魚も、オヤニラミやイトモロコなどの南方系の魚が北の由良川に、北方系のホトケドジョウやアブラハヤなどが南の加古川に分布を広げて、今は同じ河川に共存しています。50年ほど前には、日本海側の河川に生息するヤマメと太平洋側の川に棲むアマゴが佐治川で混生しているのが見つかった珍しい水域です。生き物たちは風や水に敏感に反応しながら交流してきたのでしょう。私たち人間にとっても“地面の割れ目"は、格好の通り道。そこに多様な文化の混在する、得体の知れない魅力があると思います」
LINK
CULTURE
霧に包まれた「豊穣の国」奥丹波
>>2011.6.8 update
GOURMET
歓喜の天地・丹波
>>2015.6.17 update
STYLE
丹波・松茸山物語
>>2014.10.3 update
STYLE
ダイナースクラブ×ナイルス×「かんだ」特別イベント
>>2011.6.13 update
GOURMET
神田裕行 真味只是淡 第二十八回
>>2016.12.7 update

記事カテゴリー