PAGE...1|2
ロングステイをより快適に 東急ステイ青山レジデンス
Text Asuka Kobata
東京・青山の中心部にある家具付きマンスリーマンション「東急ステイ青山レジデンス」が2017年3月末にリニューアルオープン。利便性の高い立地というだけでなく、充実の設備とホテルのように細やかなサービスを備え、心からリラックスできるロングステイを実現してくれる。
都心での長期滞在にぜひおすすめしたいのが、「東急ステイ青山レジデンス」だ。2017年3月末にリニューアルオープンした家具付きマンスリーマンションで、「東急ステイ青山プレミア」と同じ建物内にある。外苑前駅から徒歩2分、表参道駅から徒歩8分と絶好の立地に加え、ビルの1・2階にはレストランや喫茶店が入居。コンビニ、スーパーマーケット、ドラッグストアも徒歩1分圏内と、周辺には利便施設がそろっている。
 ゆとりのある広々とした室内には、家具はもちろん、調理道具や食器といった備品も用意。バスルームにもタオル類やドライヤーをそろえるなど、さまざまな設備が準備されているため、少量の荷物だけで滞在できるのが魅力だ。
 部屋のタイプは、35㎡のスタジオタイプから50㎡の1LDKタイプまで、ライフスタイルに合わせて3タイプから選ぶことが可能。モダンで落ち着いた雰囲気のインテリアが、心地良いくつろぎの空間を演出してくれる。
LDKと寝室を分けた1ベッドルームタイプは約50㎡。家具や家電は一式そろっているため、衣服など必要最低限の荷物さえ持ち込めば日常生活が営める。
資料請求 HPはこちら
PAGE...1|2