PAGE...1|2|3
(左)シンガポールより海峡を望む。ⒸSingapore Tourism Board
(右)ハーバー・フロントよりフェリーで。
シンガポール海峡のアイランド・リゾートを訪ねて
ラディソン・ゴルフ&コンヴェンション・センター・バタム
マレー半島最南端に位置するシンガポール。その南、シンガポール海峡には幾つもの島が点在している。そもそもシンガポール自体が島なのだが、旅行者はあまり他の島へ足を伸ばすことはない。ラグジャリーなリゾート開発が進む ビンタン島は少しづつ知られるようになった。ここも他のシンガポール海峡の島もインドネシア領だが、シンガポール政府との協力で開発が行われている。商業的に急成長しているのが、シンガポールの南西約20kmに浮かぶ、バタム島だ。面積415km2,シンガポールの半分ほどの大きさで、人口は約120万人。自由貿易地区に認定され、電子工業、造船など外資も盛んに進出している。
 シンガポールの南岸ハーバー ・フロントの船舶ターミナルからは、周辺の島々へ船便が頻繁に運航している。バタム島にはハイドロフォイルが一日5便、入出国の手続きも簡単で、運賃も 2500円ほどと安い。シンガポール海峡は一番狭い所で、4.5kmしかない。シンガポールのドラマチックなスカイラインに見送られ、大型船舶の合間を縫って航行する小一時間の船旅は、プチ旅情を誘う。
プレゼントの応募はこちらから会員ログイン
PAGE...1|2|3
LINK
TRAVEL
青い空と海を独占!  インドネシア・バタム島に 新リゾート
>>2012.1.6 update
LIVING
あのマリーナ・ベイに立つレジデンス MARINA BAY SUITES
>>2013.7.9 update
TRAVEL
2010年シンガポールに新メガリゾート誕生
>>2009.6.12 update
TRAVEL
セント レジスで享受する 理想のホテルライフ
>>2010.7.30 update
TRAVEL
魅惑的な文化を体感する新ホテル「アンダーズ シンガポール」
>>2017.6.23 update

PR

アストンマーティン