PAGE...||||
(上)無駄のない空間使いが、居心地の良さを物語っている。(左下)スーパーキングサイズベッドはほぼ全客室共通。(右下)バスタブとは別にレインシャワーも完備。
今までにない開放感を重視したスイート
同ホテルの客室は、広さが異なる4タイプの全41室。なかでも「Suite 79」と呼ばれる79㎡のスイートルームは、自然光が燦燦と入る大きなガラス窓と書斎、ウォークインクローゼット、スーパーキングサイズのベッドなどが完備されている。ベッドの上には、同ホテルオリジナルのテディベアがお出迎え。全室違うスタイルのテディベアは、チェックアウト時に500バーツで持ち帰りも可能だそうだ。
 1日の疲れを癒すのは、アメリカコーラー社製のジャグジーバスだろう。同社の特徴である、大きなバスタブと天井から落ちてくるお湯につかり、タイのオーガニックアメニティ「Panpuri(パンピューリ)」の芳しい香りとともに寛ぎのバスタイムを提供する。
 そのほか、室内に常備されているスナック、冷蔵庫内のソフトドリンクはすべて無料。補充もしてくれるという、細やかなサービスもうれしい。
LINK
TRAVEL
Great Innovation Hotels 2
>>2017.1.26 update
TRAVEL
新羅ステイ2号店待望のオープン
>>2014.9.1 update
TRAVEL
Great Innovation Hotels 1
>>2017.1.26 update
TRAVEL
スパの聖地、タイ王国の古都バンコクへ ハッピーな癒しを求めて
>>2016.1.17 update
GOURMET
ホテルで紡ぐ紅茶時間
>>2009.1.9 update

記事カテゴリー