世界の贅沢、NILEの贅沢
  • MEMBER REGISTRATION
  • MEMBER LOGIN
 PAGE...1|2
PROFILE: Professor Stefan Behling / ステファン・ベーリング教授
米国生まれ、イギリス人。ドイツの大学で建築を学び、舞台建築、演出などを手がけ、1980年代初めにフォスター・アンド・ パートナーズに参画。現在は同社の筆頭役員5人の一人。ドイツ・シュツットガルト大学建築学課の教授でもある。


TEXT.Koko Shinoda
Professor Stefan Behling / ステファン・ベーリング教授
Stefan Behling
ステファン・ベーリング
ベーリング教授は、ガラス建築の権威として世界的に知られる。シュトゥットガルト大学で建材ガラスの最新技術の研究チームを率い、ガラス・ファサードが話題の多くの建築を指揮してきた。
ベーリング教授は、舞台設計を手がけたことから、光と形、 デザインに対して興味を持った。建築に転向した時、光と形 への無限の可能性を持つ、ガラスという建材と出会った。
「ガラスは数千年の歴史を持つが、工業製品としては僅か 100年、これからも開発の余地が大きい。建築では、今後はガ ラスと異なる素材を組み合わせた活用が増えるだろう」
最近、建物のファサードにもガラスが多く登場している。安 価な建材であるため、乱用され、エネルギーを無駄に消費し ているケースも多い。ドイツでは政府が支援しているため、 省エネを図るガラス建築が進んでいる。
「世界的な建築ブームでガラスの需要も急増しているが、今 後はサステイナビリティの建材として、量ではなく、質の時 代に。その意味で伝統と技術を持つドイツのガラス産業は、 世界先端をいく。それに追従するのが、日本」
PAGE...1|2
LINK
ジャン・ヌーヴェル 世界を眩惑する建築家
>>2009.1.9 update
HOTEL IN A BOX
>>2013.6.18 update
先鋭と史実が出会う必然性 ロンドン
>>2009.1.9 update
上質な時間が流れる ミサワホームの別荘
>>2012.4.27 update
コスモスイニシアが贈る 人生をデザインするフォルム
>>2009.1.13 update