世界の贅沢、NILEの贅沢
  • MEMBER REGISTRATION
  • MEMBER LOGIN
 PAGE...1
【左】Nathalie Lete(ナタリー・レテ)パリ在住のアーティスト。ユーモアと可愛らしさを兼ね備え、楽しげでありながらどこかシニカルなタッチが融合した独自のスタイルを持つ作品は世界中で高く評価され、日本でも東京・大阪・福岡にある4つの専門店でのイベントを定期的に行っている。【右】Yannick Chevolleau(ヤニック・シュヴォロー)パリのタイユバン、ロンドンのNOBU他、一流レストランに勤務後、来日。ザ・ジョージアン・クラブ、シェ・イノなどで8年間の経験を積み、日本人の繊細な嗜好を学ぶ。2010年5月にゴディバ ジャパンのシェフ・ショコラティエに就任し、日本向けの新作を開発。
甘い思いを
伝えるショコラ
GODIVA

Photo Satoru Seki Text Rie Nakajima
2014年バレンタインコレクションとして、ゴディバはテキスタイルやリトグラフなど幅広い作品を手がけるパリ在住のアーティスト、ナタリー・レテさんと初のコラボレーションを果たした。その名も「メサージュショコラ コレクション」。「Message pour vous(伝えたい、あなたへ)」をテーマに、フランス語で「愛」や「感謝」を意味する甘いメッセージを描いたバレンタイン限定チョコレートだ。ナタリーさんがチョコレート粒とパッケージのデザインを考案し、チョコレートはゴディバ ジャパンのシェフ・ショコラティエ、ヤニック・シュヴォロー氏が手がけた。
 今回のコラボレーションについて、ヤニック氏はこう語る。
「プレゼントを贈られたとき、最初の喜びは眼から入ってきます。ナタリーがデザインしたボックスは、贈られた人に素敵な物語を感じさせることでしょう。次にボックスを開けると、中のチョコレートにも物語が続いている。そして最後に、その物語を味覚で感じることができるのです。ナタリーのデザインが上がってきたとき、私が考えたのは、見た目や味、すべてが一体となってメッセージを伝えるギフトということでした」
 鳥や花、そしてレースのイラストに、ゴディバのブランドカラーでもあるゴールドのエンボス加工をあしらった華やかなパッケージは、愛らしさの中に大人の洗練を感じさせる。そして、ボックスに包まれているのは、ストロベリーガナッシュをホワイトチョコレートで包んだ真っ赤なハート型のチョコレート「クール ルージュ」や、「Amour(愛)」のメッセージが描かれたアプリコットとチェリーが入ったカカオのガナッシュとマカダミアプラリネをミルクチョコレートで包んだ「アムール」、優しい甘さのコーヒーガナッシュとヘーゼルナッツが入ったプラリネをホワイトチョコレートで包み、「Pour Toi(あなたに)」のメッセージを添えた「プールトワ」など、6種類のチョコレートたち。シンプルでありながら、ゴディバならではの繊細で本格的な味わいが、心からのメッセージを伝えてくれる。
「今回、制作には2カ月間という比較的長い時間をかけたの。私がデザインを提案するたびに、ヤニックからとても的確な意見をもらうことができたわ。ヤニックとは直接会う回数は少なくても、お互いのアーティスティックな部分が呼応して、とてもいい仕事ができました。お互いに子どもの頃の思い出を振り返りながら、誠実なモノづくりをした結果、最もシンプルに気持ちを伝えられる、すばらしいチョコレートができたと思っています。日本の皆さんにも喜んでもらえたらうれしいですね」とナタリーさん。実は彼女、過去にイッセイ・ミヤケとコラボレーションした経験を持つ、大の親日派でもある。
「6種のチョコレートを食べたときに思い出すストーリーは、人それぞれに違うでしょう」と、ヤニック氏。
「でも、それはきっとあたたかく、とても優しいものであるでしょう。そうして、贈る人も贈られた人にも最高の幸せが訪れるように、思いを込めて作っています」

●ゴディバ
フリーダイヤル0120-116811 
http://www.godiva.co.jp
PAGE...1
LINK
GOURMET
VALENTINE’S CHOCOLATE Vol.2
>>2014.2.4 update
GOURMET
チョコレートで世界旅行
>>2014.10.10 update
GOURMET
ゴディバからクリスマス限定コレクション発売
>>2012.10.23 update
GOURMET
ハイメ・アジョン氏が 手掛けるゴディバの バレンタインチョコ
>>2013.1.30 update
GOURMET
夏こそチョコレート プレゼントキャンペーン
>>2014.7.4 update

PR

WEB-NILEが注目するNEWSやイベント