日本でも愛される 絵本画家の世界

「みんなのレオ・レオーニ展」の鑑賞券を5組10名様に

モネも愛した「水の画家」

「シャルル=フランソワ・ドービニー展」の展覧会鑑賞券を5組10名様に

江戸のアバンギャルドたち

江戸時代に傍流とされていた絵師がいる。今では熱狂的な人気を博している岩佐又兵衛、伊藤若冲(じゃくちゅう)、曽我蕭白(しょうはく)、長沢芦雪(ろせつ)とい...

50年の軌跡をひとつの作品に

「クリスチャン・ボルタンスキー ― Lifetime」の展覧会鑑賞券を5組10名様に

美術館が手掛けるアートなショコラ

岡田美術館開館5周年記念展「美のスターたち」の展覧会鑑賞券を3組6名様にプレゼント

スウェーデンのデザイン

北欧を代表するインゲヤード・ローマンの日本初の大展覧会

初の試みのルーベンス展

アニメ「フランダースの犬」の名シーンを再現した場所も

絵の記憶 第2回

初めてマンハッタンに足を踏み入れた日のことは今も鮮明に脳裏に焼き付いている。

絵の記憶 第1回

フランスの夏は、7月14日のパリ祭を境に一気にバカンス気分が街中に溢れかえる。

A gift from Meiji

岩﨑彌之助と小彌太が静嘉堂で、明治の美と技の世界をみせる

アートの化学変化

「水」をテーマに、日本画とデジタルアートの美が狂炎乱舞する―。千住博氏と、猪子寿之氏率いるチームラボによる奇跡のコラボレーション展「水」である。7月14日か...

誘う女、誘われる女

いつの時代も恋の駆け引きがあった。その微妙な瞬間を17世紀から18世紀にかけて活躍した西洋絵画の巨匠(オールドマスター)たちが軽妙に描いている。美貌を武器に...

革新的なことをやってのけたクラーナハ

ルカス・クラーナハが今、ヨーロッパを皮切りにブームを巻き起こしている。だが、その名を聞いても、ピンとこない人も多いかもしれない。この背景について、西洋美...

ルカス・クラーナハの エロスとタナトス

ドイツ・ルネサンスを代表する画家、ルカス・クラーナハ(父)。 ザクセン選帝侯に仕える宮廷画家として地位を築いた一方、自ら大工房を経営し、マルティン・ルタ...

ダリの憂鬱

熱夏の名残をとどめた秋雲に乗って、ダリが東京・国立新美術館へやってくる。 「20世紀を代表する芸術家」とされるスペイン生まれのサルバドール・ダリは、 84年...

記事カテゴリー