大地と月のあいだ

エスキスのエグゼクティブ シェフであるリオネル・ベカが、初めて能登を訪れたのは、つい3カ月前のこと。だが、輪島塗の塗師(ぬし)である赤木明登氏から、郷土史...

FISH & KRUG

一つの食材をテーマにクリュッグと最高に合う料理を作る

若林英司の日本ワイン談

今まさに盛り上がりを見せる日本ワインを若林さんが語る

神田裕行、Mie Ikenoと出会う

元麻布「かんだ」の神田裕行さんは今、日本ワインの拡充を図ろうと、ワイナリーを訪ねる機会を増やしている。今回の訪問先は、池野美映さんが2007年にオープンした...

神楽坂石かわ厳選の3品

「ここでしか味わえない料理を供する」ことに徹する料理人

現代的なイタリア料理

昨年、店をリニューアルしたリストランテ ホンダ。テーマは……?

『和魂漢才』の料理

日本固有の精神と、中国伝来の学問を巧みに操る

料理の品格は温もりにある

基本的なことに丁寧に向き合うと、本当のおいしさにつながる

能登の塩をテイスティング 

ソムリエ若林英司のテイスティング 旨いものには塩ありき

リストランテ ホンダの本多哲也さんが教える!碾茶のミネストローネ

碾茶の葉を石臼で挽くと抹茶になる。これをどうイタリアンにするのか。  碾茶はヨシズや寒冷紗で覆って日光をさえぎり被覆栽培をする。宇治の隣、城陽市の碾茶...

MOËTを包み込む味 日本料理 銭屋

創業45年の料亭、銭屋。2代目の髙木慎一朗さんは海外のトップシェフと国内外でコラボレーションするのみならず、欧米、アジアや中東の各国から招聘(しょうへい)...

Kaga Yasai à la française Édition Koji Shimomura

常に素材の風味や色彩を引き出す料理を心がけるエディション・コウジ シモムラの下村浩司さんにとって、野菜の個性が際立つ加賀野菜は、心引かれる存在だ。

桜鯛、旬四態 あか坂 帰燕

桜色の鯛とモエ・エ・シャンドン ロゼ アンペリアルが作る高揚感

年代物の日本酒を楽しむ ウェアハウス・ジャパン×エディション・コウジ シモムラ

「ヴィンテージ」「ハウススタイル」「テロワール」をキーワードに、全国から厳選した酒をリリースするウェアハウス・ジャパン。同社が扱う酒は、日本酒のイメージ...

肉に惚れる

旨い牛肉といっても、食材選び、料理、盛りつけなど、数多くの条件がある。 レストランで探すと、行き着くのがフランス料理「レストランキノシタ」。 木下和彦シ...

記事カテゴリー