挽きたての豊かなコクと深い味わい

「モンカフェ」ドリップ コーヒー ギフトセットを3名様に

大分の旬の食材を中国料理で

ザ・キャピトルホテル 東急の「星ヶ岡」料理長が厳選した食材をどうぞ

大分の旬の食材を中国料理で

ザ・キャピトルホテル 東急の「星ヶ岡」料理長が厳選した食材をどうぞ

神楽坂石かわ厳選の3品

「ここでしか味わえない料理を供する」ことに徹する料理人

東郷湖のシジミ

県の中央に位置する東郷(とうごう)湖では、古くからシジミ漁が盛んだ。大きさが通常の3倍程度もあるシジミは、黒く輝く美しい姿から“黒いダイヤ"と呼ばれる。

ふるさと鹿野の鳥取地どりピヨ

県で研究開発され、1992年から生産が始まった県のオリジナル品種が「鳥取地どりピヨ」だ。

菌興椎茸協同組合の原木椎茸

鳥取市にある日本きのこセンターは1958(昭和33)年に設立された、きのこに関する我が国唯一の民間学術研究機関だ。菌類の分類、生態、遺伝、生理の基礎研究から優...

山花繁夫さんの日光生姜

県東部の鳥取市気高町は、県内随一の生姜(しょうが)の産地。その歴史は、鹿野(しかの)城主の亀井茲矩(これのり)が朱印船貿易で東南アジアから生姜を輸入し、...

野口和弘さんの大山ブロッコリーきらきらみどり

ここ大山町の中山地区は40年以上も前から大山ブロッコリーⓇ栽培が盛んな土地。以来、その栽培で守っていることが、高畝(たかうね)にして作ることと、夜10時から朝...

笠谷信明さんの大山こむぎ

30年ほど前には約1000tの収穫があった県内産の小麦だが、その生産は途絶えていた。それを米子市のベーカリー「麦ノ屋」のオーナー、出井亘さんが2010年に「大山こ...

西田佳樹さんの鳥取和牛

古くは平安時代から和牛と深い関係にある大山。その麓、大山町の肥育農家、西田佳樹さんを訪ねた。昨秋の「全国和牛能力共進会(和牛のオリンピック)」に県の代表...

JAとっとり西部の白ねぎ

昭和初期から県西部の弓浜(きゅうひん)半島の砂丘地帯で栽培が始まった白ねぎ。今では県下全域で栽培が盛んだ。鳥取県産の白ねぎの特徴は、20品種ほどを使い分け...

小椋泰明さんの関金わさび

鳥取県中部、倉吉市関金町(せきがねちょう)で100年以上栽培されている関金わさび。唯一のわさび専業農家となった小椋泰明さんは、この美しいわさび田を受け継ぐ3...

MOËTを包み込む味 日本料理 銭屋

創業45年の料亭、銭屋。2代目の髙木慎一朗さんは海外のトップシェフと国内外でコラボレーションするのみならず、欧米、アジアや中東の各国から招聘(しょうへい)...

記事カテゴリー