【ミヤビの部屋】清流の国ぎふ

日本のいいことが集結している清流の国ぎふ

大地と月のあいだ

エスキスのエグゼクティブ シェフであるリオネル・ベカが、初めて能登を訪れたのは、つい3カ月前のこと。だが、輪島塗の塗師(ぬし)である赤木明登氏から、郷土史...

春、空と大地と

春の足音が聞こえてくる3月、果てしない空と広い大地を求め、旅をしたくなる。 特に雪に閉ざされていた地にこそ、向かいたくならないか。 きっと、春を迎える空と...

深遊探訪・早春を廻る TRAIN SUITE 四季島

岩手の和漆をあしらった装飾や仙台箪笥をイメージしたクローゼットなど和の美意識が光るしつらえと、未来を感じさせるモダンなデザインを融合させた「トランスイー...

「粋」を走る

日本橋といえば、粋の中の粋。「朝昼晩三千両の落ち処」と古川柳に詠まれたように江戸時代から、大金融、大散財の街であった。その日本橋の現在、過去、未来の“粋”...

美しき佐世保―400年続く磁器の産地

秀吉の時代から脈々と受け継がれてきた「三川内焼」は2016年に文化庁日本遺産に認定

御坊のふるさと納税が面白い

和歌山県御坊市は、歴史の街であると同時にモノづくりの街でもある。そんな同市の特産品は非常にユニーク。麻雀牌に毛皮、そして人間ドックまで。ふるさと納税を利...

Aoyama Earth Diving

どんな分野でも先端をゆく青山にも、緑が多い神苑が残る

祈りと海賊の街 尾道

穏やかな奥ゆかしさの中に港町ならではの開放的な空気が薫る

京都に分霊した月讀神社

『日本書紀』にも記され、この島随一の由緒を誇る月讀(つきよみ)神社

神々が宿る島、壱岐へ

自然が生み出した圧倒的な造形美や悠久の歴史に思いをはせる

家康が残した匠の技

徳川家康ゆかりの史跡が数多く残る愛知県岡崎市。数々の伝統産業が発達したこの地では、家康も好んで食したという八丁味噌や、江戸時代から作られ続ける和ろうそく...

日本最古の神山

さまざまな“恵み”をもたらす伯耆国の大山。今年で開山1300年。

八戸の英知

青森県東部の中心都市である八戸市は、日本を代表する八戸漁港を有し、県内最大規模の工業港、国際貿易港である八戸港を誇る。

時代を動かす街 丸の内は 三菱一号館から始まる

一流のオフィス街でありながら、ショッピングや観光でも多くの人を集める街、丸の内。整然と区画された街並みは美しく、広い歩道、豊かな緑、点在する歴史的建造物...

記事カテゴリー