世界の贅沢、NILEの贅沢
 PAGE...1|2
生物多様性を支援するお米が発売
Text greenz.jp
Creative Commons. Some Rights Reserved.
Photo by matsukawa1971
JA全農と生活協同組合が中心になって設立したNPO「生物多様 性農業支援センター」が、生物多様性に配慮した生産者の米 に、環境価値を上乗せして流通させる取り組みをスタートす る。
 生物多様性に配慮した農家の米には、商品価格と米価の数 %程度の環境価値分の金額を分けて表示。生産者に賛同する 消費者は環境価値分を上乗せして支払い、その他の消費者は 商品代金だけを支払う仕組みだ。  農家の認証に必要なのは田に住む生き物の調査。生産過程 で確認した指標生物の種類を記録した農家には認証が与え られることになっている。指標生物とは「生息できる環境が限 られ、環境の変化に敏感な性質を持つ生物」のこと。これらの 生息は地域環境の評価の基準となるのである。生物調査によ って害虫の発生時期を正確に把握すれば、農薬の量を減らし、 生物にとってより住みよい環境を作ることもできる。
 さらにこれにより生物の多様性が豊かになれば、イトミミ ズが土を耕して雑草を抑えたり、カエルが害虫を食べるとい う好循環へと繋げることもできるのである。
PAGE...1|2
LINK
BEAUTY
「地球の青い心臓」、海のために行動する
>>2015.4.30 update
STYLE
愛すべき未知なる深海
>>2014.3.13 update
STYLE
ハンティング・ワールドに根づく自然保護の精神
>>2009.6.12 update
STYLE
ディープインパクトが蘇る リヤドロ
>>2016.9.8 update
STYLE
パタゴニアの熱帯雨林からバイオ燃料の新星
>>2009.2.27 update

PR

WEB-NILEが注目するNEWSやイベント