PAGE...||||||
漆器が初めて西洋に渡ったのは16世紀のこと。聖母子 図を納める厨子や聖書を載せる書見台など、キリスト 教関連の品々が主だった。後に、漆の美しさと耐久性 をかわれ、旅行用長持なども多く求められるようにな る。後に「南蛮漆器」と呼ばれたこれらの漆器は、今も ヨーロッパ各地に残っている。「japan」が漆器を意味す る世界共通語になっているように、西洋の人々は漆を 通して初めて日本を知ったのかもしれない。
LINK
CULTURE
漆——自然が与え給うた命の器
>>2009.1.9 update
CULTURE
日本の伝統工芸の美を伝える チャリティーガラ開催
>>2015.11.20 update
CULTURE
伝統相伝の技芸が調和を成した高雅なる和の極み
>>2009.1.9 update
LIVING
IDC大塚家具が「逸品展」を開催
>>2016.5.26 update
TRAVEL
越前の粋
>>2021.10.27 update

記事カテゴリー