PAGE...||||||
マリー・アントワネットもご執心
「漆黒」という色の名があるように、黒々と深みをたたえ、 潤んだような光沢をもつ漆。ヨーロッパの人々は日本の 磁器の白さに憧れるよりも前に、漆の重厚感あふれ、それ でいてぬくもりが感じられる漆の黒に惹かれた。ことに、 他の国では見られない「蒔絵」は、その豪華絢爛な美で世 界を魅了した。鎖国とともに、ヨーロッパでは一時、その存 在を忘れられていたが、冒頭にあるように、19世紀後半か ら20世紀前半にかけてのジャポニスム旋風によって、漆 が再びブームとなり、家具や宝石箱などとして重宝され るようになったのだった。かのマリー・アントワネットも、 漆に金粉で文様が描かれた蒔絵の家具や小物をこよなく 愛した人物のひとり。「世界一の漆コレクター」の座は今 でも、誰にも譲っていない。
LINK
CULTURE
漆——自然が与え給うた命の器
>>2009.1.9 update
CULTURE
日本の伝統工芸の美を伝える チャリティーガラ開催
>>2015.11.20 update
CULTURE
伝統相伝の技芸が調和を成した高雅なる和の極み
>>2009.1.9 update
LIVING
IDC大塚家具が「逸品展」を開催
>>2016.5.26 update
TRAVEL
越前の粋
>>2021.10.27 update

記事カテゴリー