PAGE...||||||
漆を乾燥させる工程
漆は完全無欠な塗料
日本の漆芸の歴史は、石器時代にまで遡る。漆はそもそも木の 樹液。誰がそのことに気づいたのか知る由もないが、漆は一度 乾燥すると、水はおろかアルコールも、そして塩酸や硫酸とい った劇薬に漬けてもびくともしない塗料となる。熱や衝撃に 強く、そして何千年という時間にも耐えうるのだ。漆の主成分 はウルシオールという樹脂分。他に、ずいぶんとゴム質、ラッ カーゼと呼ばれる酵素を含む。この酵素が空気中の水分から 酸素を取り込み、酸化反応を起こすことによって、ウルシオー ルは液体から固体に変化する。これが「漆が乾く」という状態 である。つまり、単に乾燥によって固まるのではなく、化学反 応によって長い時間をかけてじっくり固まっていくため、何 物をも通さない完璧な塗料となるのだ。縄文前期の遺跡から 漆塗りの木の器や弓などが出土されていて、中には接着剤と して使われていたものもある。
LINK
CULTURE
漆——自然が与え給うた命の器
>>2009.1.9 update
CULTURE
日本の伝統工芸の美を伝える チャリティーガラ開催
>>2015.11.20 update
CULTURE
伝統相伝の技芸が調和を成した高雅なる和の極み
>>2009.1.9 update
LIVING
IDC大塚家具が「逸品展」を開催
>>2016.5.26 update
TRAVEL
越前の粋
>>2021.10.27 update

記事カテゴリー