PAGE...||||||
輪島市に本店をおく「輪島屋善仁」の八代当主・中室勝郎氏が復元した塗師の家。200坪ほどのそれは、現在、「日 本で最も美しい漆の町家」と高い評価を得ている。かつて輪島には塗師の家が200軒以上あったというが、現在 はここを含めわずか数軒のみとなった。
それに加え、輪島独特の商法として「塗師」と呼ばれる 親方が、漆器を日本各地に直接売り歩くという販売方 法も、輪島塗が広く知られるようになった大きな要因 である。塗師は職人達をとりまとめ、つくる商品を決め る、いわばプロデューサーであっただけでなく、商品を 得意先に売り、あるいは新しい顧客を開拓したりとい う営業マンでもあったのだ。顧客との密な付き合いで、 そのニーズをつかみ、また全国を歩いて見聞を広めた 塗師は、「売れる」商品が何かを的確に捉え、職人たち に伝えていた。それがまた、輪島塗を多くの人に愛用 され、重用される漆器に育て上げたのだった。
PAGE...||||||
LINK
CULTURE
漆——自然が与え給うた命の器
>>2009.1.9 update
CULTURE
日本の伝統工芸の美を伝える チャリティーガラ開催
>>2015.11.20 update
CULTURE
伝統相伝の技芸が調和を成した高雅なる和の極み
>>2009.1.9 update
LIVING
IDC大塚家具が「逸品展」を開催
>>2016.5.26 update
TRAVEL
越前の粋
>>2021.10.27 update

記事カテゴリー