PAGE...|
総石貼りの外観。昔の建物のような雰囲気という意図通り、以前からここに立っているかのように街に馴染んでいる。
「歴史と伝統」を体現する
本町ガーデンシティ
Photo Satoru Seki Text Ayuko M iura
大阪・御堂筋の新しい“顔”に
最高級ホテルブランド「セント レジス」が日本初進出する複合ビル「本町ガーデンシティ」が大阪・御堂筋に誕生する。歴史と伝統をモチーフとしたこのビルが、大阪の新しい顔となる。
 日本の商都・大阪。「本町」は、キタとミナミをつなぐ大阪の大動脈、御堂筋の中心に位置する。
 古くは安土桃山時代、豊臣秀吉が大坂城を築城するため、大勢の人と物をこの地に集めたことが始まり。以来、日本屈指のビジネス街として経済、文化の中枢機能を担ってきた。
 街の歴史を物語るように、御堂筋周辺には「大阪市中央公会堂」「中之島図書館」「大阪ガスビル」など、歴史的建築や文化施設が多数見られる。一方で、日本経済をリードする大企業の本社・支社やハイブランドショップが軒を連ねる、時代の最先端をリードする街でもある。
 その本町に10月、高級ホテル「セント レジス ホテル 大阪」を有する複合ビル「本町ガーデンシティ」がグランドオープンする。
 「セント レジス」は、スターウッド ホテル&リゾートが誇るトップ・ラグジュアリーホテルブランド。その豪華さはもちろん、きめ細かなサービスにも定評がある。滞在中、ゲストのあらゆる要望に担当バトラーが応えてくれるバトラーサービスを提供しているのは、世界的に知られているところだ。
PAGE...|
LINK
TRAVEL
〝究極のおもてなし〟がある セント レジスが日本上陸
>>2010.10.1 update
TRAVEL
バトラーサービス その1世紀の伝統と洗練
>>2010.9.27 update
TRAVEL
好立地でスタイリッシュなホテル クロスホテル大阪
>>2017.11.29 update
GOURMET
ホテルで紡ぐ紅茶時間
>>2009.1.9 update
STYLE
建築家、安藤忠雄が語る
>>2014.4.25 update

記事カテゴリー