PAGE...|
(上)ピットアウト後は低速でコース取りの駆け引きが展開。その後のレースを占うこの1分40秒間は、観戦者にとっては興奮への助走。緊張感が高まる。(下左)プロペラはレーサーの自前。本体のパワーを引き出すのに重要な部品だ。(下右)ボートにはブレーキがなく、このアクセルだけでスピードを調整する。
興奮に酔う“大人の遊び”
その後も最高時速80キロメートルで疾駆する艇を目で追いながら、断続的に興奮の波が押し寄せ、ゴールまで片時も目が離せない。待機行動を含む約3分のレースに濃密な時間が流れ、勝ち負けを超えた快感に身が貫かれるようだ。予想と観戦を繰り返すこと12レース。平和島は心躍る一日を約束してくれる大人の空間だと実感する。
 ところでボートレースは1952年世界で初めて、長崎県大村市玖島崎海岸で歴史の幕を開けた。目的は、戦後の荒廃した国土復興と地方財政の安定に資すること。この精神は全国24のボートレース場を擁する現代にも引き継がれ、収益金の一部が日本財団を通して社会福祉、教育、文化などの活動に役立てられている。この仕組みに倣い、10年ほど前には韓国にも美沙里競艇場が誕生した。ボートレースには、レースのおもしろさに加えて、それが社会貢献にもつながるだいご味があるのだ。

●ボートレース平和島 東京都大田区平和島1-1-1 TEL03-3768-9200(開催日のみ)
PAGE...|
LINK
STYLE
ナイルス会員限定!  ボートレース観戦へ30名をご招待
>>2011.10.24 update
STYLE
TV視聴者13億人!世界最大規模『ボルボ・オーシャン・レース』
>>2012.5.10 update
STYLE
レクサス SPEED of ”F”を南青山で展示
>>2016.2.2 update
STYLE
海のF1に挑み続ける LAND ROVER BAR × AMERICA’S CUP 2017
>>2017.7.12 update
STYLE
ポルシェラバーズのための本格ビストロがオープン
>>2014.12.17 update

記事カテゴリー