PAGE...|
時代を読む――原田武夫 第13回
イランをめぐる怪しい結託の影
「高貴なウソ」という言葉がある。英語ではnoble lieという。米欧において統治エリートが「正しい方向・あるべき姿」と考えるものへ、時には一般大衆に対して公然とウソをついてでも、物事を動かす時に使う言葉だ。「為政者が民衆に対してウソをつく」という構図は、我が国でもしばしば見られる。その限りにおいて、このこと自体は珍しくも何ともない。だが問題は、米欧におけるそれのスケールがはるかに大きいという点にあるのだ。
 あまりにも大きなウソをつかれた時、人はもはやそれが「ウソ」とは気付かない。私たち人間は過去の経験からフレームワークを作り、今現在見聞きしている物事(オブジェクト)をその中で「理解」している。したがって社会的な操作を行ってこのフレームワーク自身が私たちの頭の中で変わるように仕向けられるのであれば、そこで捉えられるオブジェクトをあたかも自然な流れの中で生じる「真実」のように思ってしまう。これが現代の「脳科学」の最前線における考え方である。
 そして壮大な規模の「高貴なウソ」も、まさにこの「社会的操作」になるというわけなのだ。かつてヒットした米映画『トゥルーマン・ショー』(1998年)ではないが、私たちの生活空間の周り全部が「高貴なウソ」で塗り固められた時、私たちはもはやそれを疑うことができないのである。
 もっともそうした「高貴なウソ」にも綻びは生じる。最近、イラン情勢を巡ってそうした綻びが少しだけ見えたことをご存じだろうか。イランは「核開発」を行っており、それが地域覇権を狙っているとして糾弾されている。特に中東における潜在的核保有国のイスラエルはイランのことを蛇蝎の如く嫌っており、些細なことでも論難し、イランも応戦することで舌戦が続いてきているのである。
PAGE...|
LINK
STYLE
時代を読む―― 原田武夫 第94回
>>2021.4.7 update
STYLE
時代を読む――原田武夫 第24回
>>2015.3.4 update
STYLE
時代を読む――原田武夫 第40回
>>2016.7.13 update
STYLE
時代を読む――原田武夫 第54回
>>2017.9.21 update
STYLE
時代を読む――原田武夫 第42回
>>2016.9.15 update

記事カテゴリー