PAGE...|
時代を読む――
原田武夫 第40回
タスマニアで考えたこと
今、私はこのコラムを我が国から遠く離れた南の島・タスマニアで書いている。オーストラリアの最南端に位置する島だ。窓外には州都ホバートの港、そして青い海が見えている。
 シドニーを経由してここまで来たのにはもちろん理由がある。オーストラリアを代表する金融機関でアジア担当の調査部長を務めている親しい知人が、先日、丸の内のホテルでランチミーティングをしている時、こう教えてくれたのだ。
「タスマニアには南極から吹き付けてくる風が直接あたるのよ。だからとてもピュアな雨が降る。そのまま口を開けて飲めるのよ」
 この言葉を聴いて私は、直感的に思った。「タスマニアに行かなくては」と。
 なぜならばこれは要するにタスマニアには、我が国の陰陽道(風水)でいう「“気"の佳(よ)い場所(龍穴)」がたくさんあるということを意味しているからだ。
 最近、私は我が国で地方行脚を集中的に行ってきている。その度に出会う、いわゆる「富裕層」の方々に、しばしばこう聞かれるのである。
「これからの世界が不安定だというのはよくわかっています。だからお聞きしたい。一体何を買っておけば大丈夫なのでしょうか」
 私は必ずこう答えている。
「絶対に大丈夫なものというのは存在しません。古典的ではありますが、分散投資をしておくしかありません。資産形成という発想を捨て、資産は価値を守るべきものと考えてください。だからといって、資本主義そのものが壊れて、跡形もなく消えるということもあり得ません。私たちに欲望があり続ける限り、それに基づく資本主義も同じく存在し続けるからです」
 そこで私があえて言わない答えがもう一つある。今行うべきなのは「少しでも佳い場所」を確保することだという点についてである。なぜなのか。
 今起きている全ての出来事は、太陽活動の激変に伴う気候変動の激化に基づいている。とりわけ北半球で今年の夏は、ラニーニャ現象によって我が国においては暑くなる。だが「上げは下げのため」なのであって、秋から冬にかけて今度は極端に寒くなることもまた見えているのである。その時、私たちの多くはようやく気付くのだ。「このままここに住み続けて大丈夫だろうか」と。
PAGE...|
LINK
STYLE
時代を読む――原田武夫 第62回
>>2018.5.22 update
STYLE
時代を読む――原田武夫 第42回
>>2016.9.15 update
STYLE
時代を読む――原田武夫 第60回
>>2018.3.22 update
STYLE
時代を読む――原田武夫 第35回
>>2016.2.17 update
STYLE
時代を読む――原田武夫 第6回
>>2013.9.18 update

記事カテゴリー