PAGE...|||
(上)『変貌の天使』展入り口。年に一度のイベントに足を進 める見物客が楽しげだ。(下)生臭い情景絵画に対し、ファー ブルは彫刻作品『歌う鳩と盗むネズミ』を設置。(C)photo Attilio Maranzano,(c) Angelos.(c)Adagp, 2008
古(いにしえ)の芸術家たちへの視線
ルーヴル美術館の北方絵画展示室で開催されている 『変貌の天使』展は、ヤン・ファーブルが自身の作品と 共に、美術館に所蔵されているいにしえの巨匠達の作 品を、精神的なドラマチュルギーによって、演出した空 間だと言えよう。所蔵作品に見いだされる古代的なテ ーマの中から、死と再生、虚栄、犠牲、金、狂気、カーニバ ル、戦闘、アトリエといった展覧会を構成する主要テー マを汲み出し、自らのデッサン、立体、インスタレーシ ョン、ビデオ、フィルム、パフォーマンスによる主要な 30作品ほどを展示。彼の世界観といにしえの世界観を 、テーマによって結びつける試みだ。常々、昆虫や動物 の世界との神話的な繋がりを彷彿とさせる、ユーモラ スでミステリアスな彼の作風は、この展示空間に不思 議な融合をみせており、いにしえの巨匠達の芸術世界 に新しい解釈を与えている。
(上)『死のメッセージ』。テーブル上のミミズクが絵画『最 後の晩餐』を凝視する。(c)2008 Musee du Louvre / Antoine Mongodin(c) Adagp, 2008(下)グロテスクな作品 『不眠の神への奉納』。
PAGE...|||
LINK
CULTURE
シャイヨー宮、変化の躍動
>>2009.1.13 update
TRAVEL
[Paris Journal] パリの人気ギャラリー
>>2015.10.10 update
CULTURE
草間彌生 わが永遠の魂
>>2017.3.31 update
CULTURE
カプーア作品にも会える「堂島リバービエンナーレ2011」
>>2011.6.29 update
CULTURE
美術館新潮流コミッション・ワーク
>>2009.1.13 update

記事カテゴリー