PAGE...|||
田嶋智太郎的「日本の財政悪化の帰結は?」
Text Tomotaro Tajima
厚生労働省が2010年度税制改革で「たばこ税の増税」を要望した。ここは愛煙VS嫌煙とか健康、環境といった時限ではなく、実際に増税で税収が増えるのかどうかを考えるべきであろう。そして当然、増税で販売量が大きく落ち込む分、たいして税収は増えないというのが関の山ということになろう。そもそも、たばこ増税を持ち出すこと自体が、かえって政策の手詰まり感を強くアピールしてしまうから皮肉だ。
 それだけ国は税収不足に困っている。なにしろ、09年度の法人税収は例年の規模から半減し、当初の見込み額であった約10.5兆円がフタを開けてみれば5~6兆円程度に留まる見通しだというから大変である。
PAGE...|||
LINK
STYLE
一段の円安への備えは怠れない
>>2013.10.23 update
STYLE
田嶋智太郎的「必要性高まるインフレ防衛策」
>>2009.6.18 update
STYLE
世界経済の「近未来シナリオ」を読み解く
>>2015.12.21 update
STYLE
スペシャルインタビュー これからの資産形成
>>2015.12.26 update
STYLE
田嶋智太郎的「株価底入れのタイミング」
>>2009.1.9 update

記事カテゴリー