PAGE...|
今年も12月に第2回のアワード受賞者発表が予定されており、一体どのような企業や団体が受賞するのか楽しみであるが、言うまでもなくアワード受賞の可否に関わらず持続可能な開発目標の達成に向けて日々努力し、工夫する企業の姿勢が何より重要だ。
 ちなみに、外務省のホームページではSDGs経営への積極的な取り組みが見られる数多くの企業について、その取組事例を周知すべく各企業のホームページとのリンクが貼られている。例えば、大和ハウス工業株式会社の場合、脱炭素社会の実現とエネルギーの効率利用を図るための「エネルギー“ゼロ"の住宅・建築・街づくり」に注力するとして、エネルギー自給住宅の開発・普及や「ZEB(ネット・ゼロ・エネルギー・ビルディング)」の実現に向けた自社施設での実証プロジェクトなどを紹介している。こうした取り組みは、同業他社などにとっても大いに参考になる事例と言える。
 株価が全体に強含みで推移し始めた状況下、投資する側も投資される側も、ともに地球と人類の未来に優しい存在であることを常に意識しておくことが重要であると再認識したい。
(左)THIS MONTH RECOMMEND 10倍株を論理的に探す方法とは?
これまで20年以上、毎号2千ページ超の「四季報」を完全読破し続けてきた著者が教える「テンバガー(10倍値上がりする株)」の探し方。それは、実のところ非常に地道かつ論理的。ポイントさえ押さえれば、誰でも今日から実践できる。その手法は、決して奇をてらわず、ある程度腕に自信のある御仁でもあらためて気づかされることが少なくないだろう。足元、日本株が強含みで推移するなか、投資の基本をおさらいしてみるのも一興である。
『会社四季報の達人が教える10倍株・100倍株の探し方』渡部清二著/東洋経済新報社/ 1,512円
(右)たじま・ともたろう 金融・経済全般から戦略的な企業経営、個人の資産形成まで、幅広い範囲を分析、研究。講演会、セミナー、テレビ出演でも活躍。tomotaro-t.jimdo.com
PAGE...|
LINK
STYLE
金融コラム 田嶋智太郎 経済アナリスト
>>2018.7.17 update
STYLE
投資家の目を惹く!いまどきの先端的な環境技術
>>2021.11.22 update
STYLE
資産形成のオーダーメード A.Cast.Partner's
>>2013.8.28 update
STYLE
地球温暖化防止に一役買う!? 「エコ投資」
>>2009.1.9 update
LIVING
不動産投資の新常識 ハステック
>>2017.11.7 update

記事カテゴリー