PAGE...|
福岡県にあるアグレボバイオテクノロジーセンターが今回の対象不動産となる。1口100万円から、想定分配率は年7%、分配回数は年6回、運用満期は2024年5月31日の予定。
農業の未来に投資する みんなで大家さん
資産は預けるのではなく、運用して増やすものだ。
元本の安全性を重視した不動産投資商品「みんなで大家さん」は、少額から始められて不動産投資のリスクも少なく、さらに世界に誇る日本の技術を“みんな”でサポートするという、将来性と社会貢献性の高い魅力ある商品だ。
より効率よく資産を増やすため、運用に興味を持っている方も多いだろう。多々ある投資対象の中でもおすすめしたいのが、不動産特定共同事業法に基づく厳しい条件をクリアした「みんなで大家さん」だ。同商品は、出資金に対して営業者が選定した対象不動産の賃貸利益を分配する仕組み。すでに賃貸借契約済みの家賃を分配原資とするため、預貯金・国債と比較して収益性が高く、評価額も株やJリートのように証券市場に上場しないため日々の変動がなく安定した運用が見込める。面倒な管理・運営はすべて営業者が行い、不動産を小口化することで、1口100万円の少額で参加することができる。元本保証はないものの、下落した利益分配金、出資原本を出資の範囲内(20%まで)で負担してくれる優先劣後システムを採用。過去の商品で元本評価割れや想定分配率を下回ったことは一度もないという。
 現在、販売中の「みんなで大家さん33号」で対象不動産となるアグレボバイオテクノロジーセンターは、「凍結解凍覚醒法」という特許技術を施した種苗の研究や品種改良、生産販売を行う拠点となる。「凍結解凍覚醒法」は、世界人口が増加傾向にある中、各国の食料問題解決の礎として期待されている技術。植物の種子や成長細胞を時間をかけて冷凍し、人工的な氷河期を体験させることで、現在の環境情報がリセットされ、成長特性や耐寒性に関する増強遺伝子・mRNAが発現。
資料請求 HPはこちら
PAGE...|
LINK
BEAUTY
この春注目の美容液
>>2015.3.13 update
BEAUTY
“植物性セルラーコスメ”で若々しい肌に
>>2009.8.30 update
GOURMET
外へ出る日本料理
>>2009.1.9 update
LIVING
世界を魅了する日本建築
>>2018.8.8 update
GOURMET
Sweet Chocolate from SWISS
>>2014.4.9 update

記事カテゴリー