PAGE...|||
ヴァレンティノによる『Valentino』に幕を引く、2008年オートクチュール春夏コレクションのリハーサル風景。後任のクリエイティブディレクターには、アレッサンドラ・ファキネッティが就任した。(C) François Halard / Rizzoli International Publications
「コレクションの準備を始めると、いつも二重の思いが浮かびます。まず、私の作品をコレクション会場で紹介する、厳かで至高の、驚嘆するような女性達。そして、私の作品を身に纏う、世界中の女性達。私の作品が、一般女性の身体を変容させるのが見たいのです。もちろんより美しく、カリスマとまでなって欲しい。私の仕事は、小説家に等しい。一回のコレクションは、まさに小説の一章。各章ごとに情景は様々と変化しても、作品のメイン・テーマや登場人物は、一貫していて変わらないのです」
 自身の回顧展、パリ装飾芸術美術館『Valentino, themes et variations』展の最後を飾る言葉である。
●『ヴァレンチノ、そのテーマとヴァリエーション』展(『Valentino. Themes et variations』)
●−2008年9月21日まで。
●装飾芸術美術館107 rue de Rivoli 75001 Paris
●http://www.lesartsdecoratifs.fr
PAGE...|||
LINK
STYLE
女性美の使者、ヴァレンティノの半世紀 vol.1
>>2009.1.9 update
STYLE
FENDI新作ファーご予約会へNile's NILE会員特別ご招待!
>>2014.3.10 update
STYLE
オートフリュールコレクション
>>2015.8.14 update
CULTURE
オートクチュールのリアルな舞台裏を描く『ディオールと私』
>>2015.2.23 update
STYLE
究極のオーガニック ライフスタイルを提案 「バンフォード」
>>2012.12.20 update

記事カテゴリー