PAGE...|
(上左)「ラウンジ フィガロ」内にあるスイートルームは書斎をイメージ。ソファとダイニングテーブルがあり、会員のプライベートパーティーなどで利用できるという。(上右)ブラウンとダークグリーンを基調とした重厚な雰囲気の男性用ロッカー。トレーニングの合間にゆっくり休むことができる。(下左)セルフストレッチマシン「ボディメトリクス」を始め、最新のマシンがゆったりと並ぶジムエリア。(下右)タッチスパでは、オールハンドによるマッサージや鍼、フェイシャルなどを施術でき、日頃の疲れた体を癒やしてくれる。
もちろんスポーツ施設も充実している。特筆すべきなのが、プールやジャグジーを備えたアクアエリア。地中海のプライベートビーチをイメージしたというその空間は、時間の流れに合わせて照明の色が変化し、空の移ろいを再現。25m╳3コースを有するプールは、水中からの間接照明が更なる非日常感を演出してくれる。
 広々としたジャグジーや、アロマの香りが漂うスチームサウナなども併設し、スポーツクラブでありながらもリゾートさながらのリラックス感まで体感できるはずだ。
 リラックスできる空間としては、個室のスパも用意されている。オールハンドによるマッサージや鍼、フェイシャルは日頃の疲れた体を癒やしてくれる。
 また各種マシンを配したジムエリアには、インナーマッスルを伸ばすセルフストレッチマシン「ボディメトリクス」を導入。これは首都圏でも5店ほどしかない貴重なもので、
 もともとはトップアスリート用に開発された。普段使っていない筋肉を伸ばすことで血流を改善し、しなやかな体がつくれるという。
ジムエリアには、一般的なスポーツクラブよりも多くのパーソナルトレーナーを配置しているのも特徴だ。一人ひとりの体力や要望に合わせ、最適な体づくりをマンツーマンでサポートしてくれる。
 その他、ピアノが置かれたスタジオや「和」をイメージしたDOıJOでは、エアロビクスやヨガなどの定番プログラムを始め、フラダンスやボールルームダンスのレッスンも用意されている。さらに屋外テニスコート、ゴルフレンジ施設も完備し、多彩なプログラムがそろっている。
 一方、スポーツクラブの居心地の良し悪しに意外に影響するのが、ロッカールームの快適さではないだろうか。リバティヒルクラブのロッカールームは、くつろぎの空間であることを重視。清潔さに加え、広々としたリラクゼーションを意識した場になっている。
 例えば男性用ロッカーは、イギリスのクラブハウスをイメージした重厚な雰囲気。多めに配置されたソファのそばには種類豊富な雑誌も用意され、ゆったり過ごせるように工夫されている。女性用ロッカールームはドレッサーが多く、アメニティーも充実。スポーツの後、疲れた体を休めるのに最適だ。
 スポーツで汗を流して健康を保ち、イベントやカルチャースクールで仲間たちと、時には家族や友人との語らいを楽しむ。ここリバティヒルクラブで、ラグジュアリーな大人のためのクラブライフを楽しんでみては。



●リバティヒルクラブ 
TEL03-5731-5731 

PAGE...|
LINK
BEAUTY
冬こそダイエット
>>2014.12.4 update
STYLE
ナイルス会員限定体験コース割引プレゼント 体温を上げながら最新トレーニング
>>2014.9.26 update
STYLE
新しいLUXURYへの挑戦 THE ROYAL GOLF CLUB
>>2017.5.31 update
STYLE
名門が誇る世界レベルのゴルフコース
>>2019.2.14 update
STYLE
名門ゴルフクラブが始めた極上のセレクトショップ 太平洋クラブ
>>2015.4.27 update

記事カテゴリー