PAGE...|||||
ロカイユ様式のテーブルクロック、無銘、ドイツ、18世紀前半、国際時計博物館、ラ・ショード・フォン、スイス。ⓒDominique Cohas / 高級時計財団ジュネーブ スイス
16世紀~18世紀
精度の追求
16世紀後半、イタリアのガリレオが振り子の等時性を発見。17世紀にはオランダのホイヘンスが、この原理を用いた振り子時計を完成させ、さらにひげぜんまいも開発。時計は革命的な発展を遂げる。時計に分針や秒針が付くようになったのもこの頃からで、精度も飛躍的に向上。18世紀には、秒単位の計測も可能になっていく。一方、伝統的なエナメル技法に加え、ペインティング・エナメルが発達。時計の装飾性も、この時代、一段と高まり見せていく。
LINK
STYLE
妥協なき時計製作が語りかけるもの
>>2015.8.28 update
STYLE
天才の軌跡-1
>>2019.8.15 update
STYLE
資産性のある時計 -Asset Watch-
>>2009.5.25 update
STYLE
愛しき時計店― レザープレシャス芦屋
>>2009.1.9 update
STYLE
WALTHAM/ウオルサム
General Manager
>>2009.1.9 update

記事カテゴリー