PAGE...|||||
9月11日にカルツェドニア本社のアリーナで行われた2019-2020AWのショー。ラストは、フェイクの雪が舞う中、「TOKYO」という文字が編み込まれたブティックオープンを記念するニットを羽織ったモデルを先頭に、同じく「PARIS」「NEWYORK」のニットを着たモデルたちがランウェーに登場した。
ピエランジェロ・フェンツィ氏も、日本市場への期待を隠さない。
 「以前、日本のいくつかの百貨店とコンタクトを取った際、関心を示してくれたことを覚えています。最近のファッションシーンでは、スマートでエレガントであることに加え、着心地が非常に重要になってきました。ファルコネーリには、仕事にもアフター・アワーズのイベントにもフィットし、着心地がよく、毎日でも身に着けたくなるアイテムがそろっています」
 カルツェドニア・グループ傘下となった以降の変化についても聞いた。
 「ヴェロネージCEOと仕事をする以前は、スタッフ15名ほどの規模にすぎませんでした。それが今では、ファクトリーに約250人が働き、直営店も100店舗を超えています。工場のクオリティーには、絶対の自信をもっています。クオリティーコントロール部門では、熟練したスタッフの下、品質を保証する体制が整っています。製造部門では、日本の島精機製のホールガーメントマシンを約300台導入しています。もちろん、従業員の意見を尊重することも忘れていません」
LINK
STYLE
イタリアのカシミアブランド ファルコネーリが日本初の旗艦店をオープン
>>2019.10.1 update
STYLE
忘れられない肌触り
>>2020.4.10 update
STYLE
The Words of Mysterious Time ――14年の時―― F.P.JOURNE
>>2017.8.31 update
LIVING
豊かな暮らしを発信するドイツ家具
>>2020.2.26 update
STYLE
A.ランゲ&ゾーネ 「HOME OF TIME」
>>2009.1.9 update

記事カテゴリー