PAGE...|
未来資産を築く
Text Asuka Kobata
再開発が進み、高層ビルが立ち並ぶ近未来的な景観が生まれつつある名古屋において、
人気の東山線・鶴舞線「伏見」駅より徒歩5分の地に、都市の利便性と緑豊かな環境を兼ね備えた邸宅が誕生。
セキスイハイム東海による新築タワーマンション「タワー・ザ・ファースト名古屋 伏見」が、あなたの理想の暮らしをかなえてくれる。

(左)約9万㎡の面積を誇る都市のオアシス、白川公園を目前に望む「タワー・ザ・ファースト名古屋 伏見」。建物の四方には眺望を楽しめるガラスバルコニーが設けられている。(右上)高さ約6.8mの吹き抜けに象徴的な階段を配したアートホールのようなグランドラウンジ。天然大理石貼りのフロアにクラシカルなペンダントライトを配した美しい空間が迎えてくれる。(右下)多様な書籍を取りそろえるだけでなく、Wi-Fi環境も完備し、ワークスペースとしても使用できるライブラリーラウンジ。充実したパブリックスペースが暮らしのさまざまなシーンに寄り添う。

※掲載の完成予想図は計画段階の図面を基に描き起こした外観完成予想図と白川公園(徒歩2分/約150m)の写真(2019年10月撮影)をCG処理により合成したもので、実際とは多少異なります。なお、周囲の建物などは省略してあります。※掲載の完成予想図は計画段階の図面を基に描き起こしたもので、実際とは多少異なります。また、家具・調度品等形状・色等は今後変更される場合があります。

利便性が高く刺激的な都市に滞在しながらも、豊かな自然の潤いを享受し安らぎを感じながら暮らす。そんな憧れの暮らしをかなえてくれる新築タワーマンションが、2023年に名古屋に生まれる。セキスイハイム東海による「タワー・ザ・ファースト名古屋 伏見」だ。

 リニア中央新幹線の開通に向けてめまぐるしく発展を続ける名古屋は近年、不動産投資先としても注目を集めている。なかでも超高層ビルの建設ラッシュが続く名古屋駅エリアと、古くからの繁華街でありこちらも再開発計画が進む栄エリアは、名古屋を代表する二大中枢エリア。そして、その間をつなぐような立地にあるのが伏見エリアだ。

 「タワー・ザ・ファースト名古屋伏見」が建つのは、地下鉄東山線と鶴舞線の2路線が乗り入れる伏見駅から徒歩3分の好立地。ビジネスの拠点として発展してきたこのエリアは、にぎやかな名古屋駅エリアや栄エリアが徒歩圏内とも言えるほどに近い一方で落ち着いた雰囲気があり、都心の閑静な暮らしを営むにふさわしい。

資料請求
HPはこちら
PAGE...|
LINK
LIVING
空がある、緑がある、摩天楼に住む
>>2021.8.26 update
LIVING
桜と水辺の潤いに彩られる美しい邸宅街
>>2016.5.27 update
LIVING
超都心×超高層のSUPERコラボレーション
>>2009.1.15 update
LIVING
名古屋初〝暮らせる都心〟
>>2015.8.31 update
LIVING
世界に一つだけのキッチン
>>2019.7.9 update

記事カテゴリー